Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Cintiq
  • Cintiq Companion
  • Intuos
  • Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!

イラストレーター森チャック

1973年生まれ。大阪府出身。漫画家、商業イラストレーターとして活動後、『チャッX(チャックス)』シリーズとして、多数のキャラクターをクリエイト。自作ポストカードの路上販売から活動を開始して、大きな話題を集める。主な作品に、『いたずらぐまのグル~ミ~』、『クマキカイ』など多数。デザインしたキャラクターは、フィギュア、ぬいぐるみ、ステイショナリーなど、様々な分野に広がり、人気を集めている

使用タブレット
Cintiq 21UX
使用歴
きっかけ
人気キャラ『グル~ミ~』の森チャック「液晶ペンタブレットは僕の必需品」
誰もがどこかで見たことある、熊のキャラクター グル~ミ~。とってもキュートで、ちょっと残酷なテイストを持ったグル~ミ~の生みの親である、クリエイターの森チャック氏は、ワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq 21UX」を愛用しているという。森チャック氏の、液晶ペンタブレットを使った創作の秘密に迫る。

直感的な操作ができる液晶ペンタブレット

- 森さんは、いつごろからペンタブレットを使用しているのでしょうか。

森チャック氏 「『Cintiq 21UX』は発売直後から購入して使っているのですが、それまでは、ずっとFAVOを使っていたんですよ」

- 「Intuos」シリーズなどのペンタブレットは使っていなかったのですか。

森チャック氏 「過去に絵本作品を描いていたころは、実はまだマウスでイラストに着色していたんです。その時期にペンタブレットが便利だという話を聞いて、FAVOを入手して使うことにしたんです」

- そのまま、ずっとFAVOを使用していたのですか。

森チャック氏 「そうですね。僕は元々インテリアはカラフルなものが好きで、部屋に黒いものがあるのがなんとなく嫌だったんですよ(笑)。それだけの理由でIntuos4は買わないで、ずっと白いFAVOのままでした。ただ、Cintiq 21UXは黒以外の色が出る予定がないという事で我慢できずに購入したら、機能や色も質感も気に入ってしまいました(笑)。黒もたまには良いという感じで、実はCintiq 21UX購入後はパソコン周辺の小物に黒い物が増えたんです」

- 液晶ペンタブレットはペンタブレットやマウスで描くのに比べて、いかがですか。

森チャック氏 「iPhoneやiPadと同じで、直感的に操作できるのが良いですね。イラストを描く作業はとにかく早くなりましたね。今はないと仕事にならないです」

液晶ペンタブレットで作業が効率化された

- 具体的には、どのような部分で作業が早くなったと感じるのでしょうか。

森チャック氏 「僕は『Illustrator』を使っているのですが、Illustratorを使う場合、マウスだと色を変えたい場所が複数あるとき、わざわざクリックしていかなければならないのです。それが、ペンタブレットだと、その箇所をペンで押さえるだけなんで、1つのコマンドに対して、アクションがひとつ減るんです。単純に半分の手間で済むので、とにかく作業効率が良くなりました。あと、キャラクターグッズのデザインや試作品の画像データに対する監修作業も、液晶ペンタブレットを使って、直接データに修正箇所をイラストや文章で書き込んだりしています」


手描きのイラストをスキャンして、液晶ペンタブレット「Cintiq 21UX」で手を加えていく様子

- 森さん独自の液晶ペンタブレットの使い方があったら教えてください。

森チャック氏 「ちょっと邪道かもしれないのですが、ライトボックスの代わりとしても使っています。作業デスクに液晶ペンタブレットを寝かせて使用すると、液晶画面自体をもうひとつの机のように使用できるんですよ。これで、画面を白く設定して、明るくすればライトボックスとしても使えるんです。明るさに限度があるのであまり厚い紙の場合はできないのですが、大抵は大丈夫ですね」

- 森さんは、イラスト作成のどの程度を、液晶ペンタブレットで行っているのでしょうか。

森チャック氏 「僕はイラストを原画として残したいので、基本は手描きなんです。それをスキャンして取り込んで、レタッチや着色するときに使用しています。着色に関しては全て液晶ペンタブレットです。スキャンしてパスに置き換えるまでもない小さくてシンプルなパーツのイラストなどは、線画の段階からペンタブレットで描いたりする場合もあります」


ラインの修正、着色など、ほとんどの作業は「Cintiq 21UX」を使って行われているとのこと

「絵を描く」楽しみがスキャン後も継続する

- 液晶ペンタブレットで、森さんの創作活動はどのように変わったのでしょうか。

森チャック氏 「液晶タブレットを使うようになって一番変わったのは、今までは手描き線画をスキャンしてパソコンに取り込んだ後の修正・着色はただの『作業』になってしまっていたことが、スキャン後も『絵を描く』という楽しみが継続していること。これは絵が好きな人間にとってはすごく意味があり、すばらしいことだと思うんですよね」

- 森さんにって液晶ペンタブレットはどのような存在でしょうか。

森チャック氏 「もうこれがないと仕事にならないですね。次のバージョンがもし出るなら、さっきも言いましたが、赤が好きなので、赤とかカラフルなボディの製品も出たら嬉しいですね」

掲載
マイナビニュース:http://news.mynavi.jp/articles/2011/05/24/wcw/index.html

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る