Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Cintiq
  • Cintiq Companion
  • Intuos
  • Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンタブレット活用ガイド Vol.16|雲?ソフトクリーム?思わず食べたくなる奇跡の一枚をつくろう

使用アプリケーション:Adobe Photoshop Elements 難易度:★★☆
完成イメージ

ふと空を眺めると漂う雲が何かの形にみえてくる、そんな経験が誰しもあるかと思います。今回は雲がソフトクリームの形になった奇跡の一枚を、Photoshop Elementsで合成して作ります。柔らかくておいしそうな雲のソフトクリームでみんなを驚かせましょう。

※ここではPhotoshop Elements 9を使用しています。お使いのPhotoshop Elementsのバージョンによっては、一部操作が異なる場合があります。

  • 印刷用PDFダウンロード
  • サンプルダウンロード

STEP 01:素材写真を読み込む

まずはPhotoshop Elementsを「編集」モード①で起動します。

起動したら素材として使う写真の画像を読み込みます。「ファイル」→「開く」をクリック②し、使用する写真画像を選択、「開く」をクリック③します。

STEP 02:不要な雲を取り除く

読み込んだ写真画像を見ると、アイスクリームコーンのまわりに少々邪魔な雲が映り込んでいます。まずはこれらを取り除いていきましょう。

ツールボックスから「コピースタンプツール」を選択①します。「コピースタンプツール」は、別の場所に指定した参照元のコピーを貼り付けるペイントツールです。

ツールが見当たらない場合は、ツールアイコンを長押ししてメニューを表示します

面上部のオプションバーからブラシの各設定を変更できます。「サイズ」の横の三角マークをクリック②するとポップアップスライダが表示されます。スライダをドラッグ③してブラシサイズを調整できます。

「コピースタンプツール」で描画をする前に、コピー元となる複製ポイントを決めます。コピー元にしたいポイントで、Alt キー (Windows) / Option キー (Mac) を押しながらクリック④します。続いて不要な雲の部分でクリックし、そのまま雲をなぞるようにドラッグ⑤します。なぞった箇所がコピー(青空)で置き換えられます。この時、ドラッグでなぞるのではなく、クリックを繰り返して点で置き換えることができるので、細かい箇所の修正で使い分けてみましょう。次のステップで作るソフトクリームの雲と背面の雲が被らないよう、コーンの上部やその周辺にある雲をすべて除去しておきます。

STEP 03:雲のベースをつくる

不要な雲を青空に置き換えたら、いよいよ雲のソフトクリーム作りに取りかかります。

ツールボックスから「なげなわツール」を選択①します。オプションバーから「なげなわツール」の設定を決めます。選択範囲の境界線をぼかすために「ぼかし」へ値を入力②します。また、選択範囲のエッジを滑らかにするために「アンチエイリアス」へチェック③を入れます。

アンチエイリアスとは? デジタル画像特有のジャギー(輪郭線などのギザギザ)を目立たなくするため、中間色を補完することで滑らかに見せる処理のことです。選択ツールや塗り潰しツール、文字ツールなどの各ツールごとに有効、無効の設定ができます。

今回は画面右にある一番大きな雲の塊をソフトクリームのベースとします。まず、雲の上へ選択範囲を作成します④。とりあえず大きさや形は気にせずに大まかに範囲を作りましょう。選択範囲ができたらその画像を、メニューバーの「編集」から「コピー」して「ペースト」⑤します。コピーした雲が新しく「レイヤー1」⑥として貼り付けられました。

次に、ツールボックスから「移動ツール」を選択⑦して、「レイヤー1」の雲をコーンの上へドラッグして移動します⑧。さらに、画像の周りにあるバウンディングボックスの四隅の□にマウスを合わせて、カーソルがに変わったらドラッグ⑨して回転させます。また同様に、四隅のカーソルをに変えて大きさも整えます。整ったらをクリック⑩して変型を完了します。

STEP 04:雲の形を整える

雲をコーンの上に貼り付けましたが、このままではまだまだ不自然です。よりそれらしく見えるようにブラッシュアップしていきます。

再びツールボックスから「コピースタンプツール」を選択します。今度は背景レイヤーの画像もコピー元として参照できるように、オプションバーの「全レイヤーを対象」にチェック①を入れます。

まずは青空のある箇所に複製ポイントを決めてペイント②し、雲と青空の境界線を馴染ませます。

境界線を馴染ませたら次は雲自体の形を整えます。画面内の別の雲に複製ポイントを決めて雲のアウトラインをペイント③していきます。ここでは修正箇所に応じて複製ポイントをこまめに変更してみましょう。

仕上げにツールボックスから「消しゴムツール」を選択して、コーンにかかってしまった余計な雲を消去します④。これで雲のソフトクリームの完成です。

メニューバーの「ファイル」→「別名で保存」から、ファイル名をつけて「PSD」で保存しましょう。ブログなどにアップロードする場合はさらに「JPEG」などで保存してください。
今回の応用で、ソフトクリーム以外にも様々な形の雲を作れるはずですので、みなさん思い思いの「軌跡の一枚」にチャレンジしてみてください。

FINISH!
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る