Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Cintiq
  • Cintiq Companion
  • Intuos
  • Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!

イラストテクニック第15回/双葉ますみ

第15回は、双葉ますみさんの登場です!
COMICWORKSを使ったイラスト作成過程を紹介します。

双葉ますみ

漫画家、イラストレーター。
各種コミック誌、WEB等でマンガを執筆。

ウェブサイト

http://blog.livedoor.jp/futabamasumi/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1:下書き

新規ファイルを開きます。
[レイヤーウィンドウ][レイヤー]で下書き用レイヤーを作成し、
[ツールボックス][筆で描画][鉛筆(またはペン)]で下書きを描きます。

2:下書きの不透明度を下げる

[レイヤーウィンドウ][レイヤー][属性]で、下書きレイヤーの不透明度を30%ぐらいにします。

3:枠線を引く

コマ用レイヤーを作成し、枠線を引いていきます。

[ツールボックス]から[直線描画]を選択し、形状は[短径][折れ線]を併用しながらコマを作成します。
ここでは線の太さを1.55mmに設定しました。

不要な線は[選択ツール]で消します。

4:ペン入れ

ペン入れ用レイヤーを作り、[ツールボックス][筆で描写][ペン]でペン入れをします。線幅等は好みにカスタマイズします。

描きづらい部分などは、[ツールボックス][表示回転]を使って画像を回転させながら描きます。

5:ペン入れ-2

ペン入れをしたところです。
[背景][キャラ][フキダシ]…と、後ろにあるものから順にレイヤーを作って描写しています。

作画時はラインツールも併用します。
ラインツール設定の[抜き]にチェックを入れて重ねがけで使うと、線に微妙な強弱がついてタッチに味が出ます。

6:画面効果を入れる

画面効果や擬音を入れます。

集中線や平行線を入れたいところを選択範囲で囲み、
[メニュー][フィルタ][集中線or平行線]から太さや線の乱れ、中心位置を決め、集中線や平行線をおきます。

擬音を白抜きしたいときは、擬音レイヤーのレイヤー統合はしないままにします。

7:セリフの配置

[ツールボックス][ネームレイヤーの追加]でセリフを配置します。

8:ベタやトーンを入れる

ベタやトーンを入れます。

塗りつぶしたい箇所を隙間なく囲み、
[ツールボックス][塗りつぶし]でベタを塗ります。

トーン用にレイヤーを作り、選択範囲を指定して、トーンウィンドウから好きなトーンを貼ります。

トーンへのホワイト処理などは、トーンをペンツールのホワイトで塗れば、下絵を塗りつぶさずにハイライト等を入れることができます。

9:擬音に白フチをつける

気になる細部を修正します。

擬音以外のレイヤーを統合します。

統合したレイヤーを不可視にして
選択範囲ツールで擬音の周りに選択範囲をとり、再び統合したレイヤーを可視にして選択範囲にそって切り抜くと、
擬音が白抜きされた感じになります。

擬音にトーンを貼りたい場合はここで貼ります。

10:完成!

最後に全てのレイヤーを統合して
完成です!

いつもはPhotoshopなどと併用してやっていますが、
今回はCOMICWORKSのみで描いてみました。

今回、外枠などのテンプレートは、自分の仕事用の自前のものを使っていますが、
新規作成時に同人用や投稿用などの外枠テンプレートを設定できるので、
用途に合わせてスムーズに作業を始められます。

COMICWORKSは、操作感覚がPhotoshopに近く、初見でもわりかし使いやすいのが良い所だと思います。
また、スクリーントーンは公式ホームページで追加分を無料ダウンロードできます。

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る