Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Cintiq
  • Cintiq Companion
  • Intuos
  • Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストテクニック第130回/かにたまころっけ

第130回は、かにたまころっけさんの登場です! SAI、Adobe Photoshop CS6を使ったイラスト作成過程を紹介します。

かにたまころっけ書籍やゲームなど、キャラクター中心のイラストを描いています。

ウェブサイト

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

大ラフ。ラフの前のラフです。
大まかな構図を決めます。

テーマは「ひな祭り」なのですが、SD(スーパーデフォルメ)キャラのイラストなので、キャラ重視の構図で、テーマを考慮しつつ、キャラクターの全身が入る構図を考えました。

SDの等身は色々種類があるかと思いますが、今回はある程度描きこめる三等身ベースに作成します。

大ラフの上から、ラフを描き起こしていきます。

テーマの季節感を考えながら、オリジナルの要素をプラスしたいと思い、妖怪和風な感じにキャラを創作しました。

基本的にキャラクターを構成する髪の毛、服、しっぽなどの一個一個のパーツは、わかりやすく大きめに表現します。
線も通常の等身絵より少なめな表現で、何が描かれているかわかりやすいように、簡略的に表現します。

ラフが完成したら、大まかな配色を決めて色ラフを作成します。

模様やエフェクトは、本番の時に流用するかもしれないため別レイヤーにして、ラフの段階からいじりやすくしておきます。

線画作成

色ラフの上からSAIの鉛筆ツールで描いていきます。
通常の等身絵より大分太目の線で できるだけわかりやすくはっきり描いて行きます。

いつものSDでないイラストの筆のサイズより、三倍近い太さです。

全体が出来上がったら、外郭の太さを特に意識しながら、部分的に更に線を太くして、メリハリを出していきます。
手前にあるものも少し線を太くします。

塗り分け

基本的にSDはアニメ塗りではっきり塗っていくので、背景が透けないように下地を塗ります。

背景を白から別の色に替えたりして、塗り残しがないか確認しながら、全部を塗っていきます。

塗り

鉛筆ツールで模様を描きこみながら、鉛筆の濃淡ではっきりわかりやすく色を塗っていきます。

今回は背景もあるので、手前のキャラはベタではなく立体的な影の付け方で、厚塗りにならない程度の濃淡で影を付けて塗ります。背景は少し描き込みを抑えて塗るようにしました。

キャラは塗りの面積が狭いところを塗り込むと、つぶれたり 何かわからなくなるため、できるだけアニメ塗りの単調に簡単な塗りで仕上げました。

全体のバランスをみて、場所ごとに塗り方を一色のベタで簡単にしたり、濃淡でグラデーションを付けながら立体的に影を付けるなどして、イラスト全体に強弱をつけてメリハリを出します。

髪の毛の塗りは下から上へ全体に濃淡を付けた後、影を入れてハイライトをいれます。
アニメ塗りのような影の入れ方で、あまりリアルに塗り込まないように注意します。

背景の影は、キャラより目立たない程度にまとめて影をいれました。

背景処理によって傘の色は変更しようと考えていたため、いったん第二案の色をつくってPhotoshopに移行します。

最終色調整と背景処理

色調整のため、ここからPhotoshopにて作業します。

今回のイラストは印刷はしないのですが、制作するイラストは全て、印刷用カラーのCMYKも考えて色調節するようにしているため、最終の色調整やエフェクトやテクスチャなどはPhotoshopにて行っています。

キャラが引き立ちテーマに合うように、背景色を黒に近い色に変更しました。
仮で描いたエフェクトも簡単に描き起こしておき、全体のバランスを見ます。

背景とのバランスで傘にどのような形で模様を入れるか迷っていたのですが、背景に模様が同化しないよう、細かい模様ではなく大きめの模様を追加していきました。
模様が細かすぎると、SDに会わずしっくりこないので単純な形にします。

キャラの部分を目立たせるため、全体に白フチをいれました。

背景にキラキラしたエフェクトを入れます。
濃淡をいじって、強弱をつけます。

手前の花びらの位置も調整します。手前にあるので大きめですが、見せたいのはあくまでキャラクターなので、キャラよりは目立たないようにしました。

これで完成です。

完成イラストを見る

Cintiq 27QHDは27型、フルフラットのガラス画面で最大表示色10億7374万色、Adobe RGBカバー率97%、REC.709対応。16:9ワイド表示、標準的なHDTVの4倍となる2564 x 1440の高解像度で、精細な表現や細かな編集を行うことができる液晶ペンタブレットです。着脱式ファンクションキー“ExpressKey® Remote”も同梱したモデルです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る