Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Wacom Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

夢見る♥ペンタブレット!!
〜実践編〜
第3弾 キャラの描き方
—バランスよく顔を描こう—

小学館の少女漫画誌「Sho-Comi」で連載中!『夢見る♥ペンタブレット!!』の登場キャラが、誌面には収まりきらなかった、さらに詳しいペンタブレットの使い方を解説するよ!!

Sho-Comiへの作品投稿はコチラから!

5回連載、早くも折り返し!
第3弾のテーマは「バランスのいい顔の描き方」や!


漫画家をめざす投稿者の悩みに多いのが、

1.同じ向きの顔しか描けない
2.顔のパーツのバランスを一定にできない

のふたつ。


みんながつまづくとこやけど、
表情が上手く描けないと、
キャラの感情が読者に伝わらんくなってまう。

今回は、デジタルならではのワザ、
「反転」と「選択範囲の移動」を使って、
このふたつの悩みを解決する方法を教えたるで!



1.同じ向きの顔しか描けない
それぞれの利き手によって、描きやすい向きと描きづらい向きがあるのはあたりまえや。
せやけど、得意な向きばっかり描いとると、画面が単調でつまらない漫画になってまう。

いっちゃん大事なんは、描きなれない向きにも逃げずに挑戦すること!
その練習に役立つんが「反転」機能や!

自分が描いたイラストを反転させて、第1回で覚えた〔トレース〕の要領でなぞることで、
自分の手に〔逆向きの描き方〕を覚えさせるんが、上達への近道やで。



2.顔のパーツのバランスを一定にできない
この「反転」機能は、目や口のバランスを見るときにもとっても役にたつで!

何度も絵を描くうちに、「自分のイラスト」を見慣れてしまって、
バランスがずれていることに気付かなくなってくる。
そんなとき、そのイラストを反転させると、
客観的な目で見ることができて、違和感に気付きやすくなるんや!

「鏡に映る自分(=見慣れとる自分)」と
「写真に写る自分(=客観的な自分)」って違って見えたりするやろ?
あれと似とるかもしれんな。

バランスに気付けたら、あとは「選択範囲の移動」や。


ずれてる所を「投げなわツール」などで囲って選択して、
位置を微調整したり、大きさを変えたり。
何度でもやりなおせるデジタルならではの対処法やで!

同じ方法で、体の左右のバランスもチェック&修正すれば、
完璧なデッサンはもうすぐそこや!

「反転」「選択範囲の移動」を駆使しながら、
斜め上から、斜め下からなどなど別の角度にもチャレンジして、
描ける顔のパターンをどんどん増やしてこうな。

次回は5月2日(火)更新!
生き生きしたキャラを描くために重要な
「ベタの使い方」について、みっちり教えたるで!

Intuos Comicは筆圧対応のペンとマルチタッチ機能を兼ねそなえたペンタブレットIntuos pen & touchに、コミックイラスト向けソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」を付属。コミック制作を快適にはじめるための特別パッケージです。徹底的にイラスト、コミックを描きたい方におすすめです。

  • お店で製品を試してみよう!製品取り扱い店舗はこちら
  • ワコムストアで購入する
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る