ペンタブレット活用ガイド
ペンタブレット基本的な使い方
CONTENTS

写真アレンジ


イラスト


ムービー編集


Vol.09 スイーツの写真をさらにおいしそうにデコレーションしよう | Photo Creator for Wacom

おいしそうに撮れたスイーツの写真をブログにアップ。せっかくなので、デコレーションして見栄えもアップさせてみましょう。ペンタブレットとPhoto Creator for Wacomがあれば、写真のデコレーションアレンジも簡単にできます。

活用ガイド印刷用PDFのダウンロード
PDFダウンロード ZIP 647 KB
サンプル画像ファイルのダウンロード
サンプルダウンロード ZIP 4.10 MB
STEP01:素材写真を取り込む

Photo Creator for Wacomを起動し、ツールバーの「開く」①をクリックします。使いたい写真を選択して②、「開く」をクリックします。ここでは、お皿にのったマカロンの写真を使用します。

STEP02:文字を書き込む

まず、お皿に文字を書き込んでみましょう。「ペイント」タブ①から「ブラシ」ツール②を選択します。画面右の「ペン」パレットの「ブラシ」③からやや細めのブラシを選び、「カラー」パレット④から好きな色を選びます。ここではチョコレートを思わせる「茶色」にしてみます。カラーパレットから直接色を選ぶか、数値で設定することもできます。今回はRを「100」、GとBを「60」に設定して、濃い目の茶色にします⑤。この状態でお皿の画像に直接文字を書き込んでいきましょう。

文字が書けたら、ちょっとしたアクセントにハートを描いてみましょう。「ペン」パレットの「ブラシ」から、今度はフチ色がつくブラシ⑥を選択します。フチ色を変えたいときは、ダブルクリックするとブラシの設定画面が表示されるので、「フチ色」⑦から好きな色を設定します。ここではRを「61」、Gを「81」、Bを「100」にし、水色に設定します⑧

フチの内側の色は「カラー」パレットから選びます。Rを「100」、Gを「71」、Bを「100」にし、ピンクにしてみましょう⑨
最初にお皿の画像の上にハートを描き、続いて内側を塗りつぶします。最初に描いた輪郭線にくっつくと、フチ色は一番外側の一本だけになります。ハートが完成しました。

STEP03:飾りつける

「ファンシーペン」や「コロコロペン」を使って、さらに飾りつけてみましょう。ファンシーペンは、スタンプのように1つの絵柄が描画されるペンです。また、コロコロペンは、ペンを動かすと絵柄が変化しながら描画されます。

まずはファンシーペンを使ってマカロンに飾りつけをしてみましょう。「ペン」パレットから「ファンシーペン」をクリックし、いちごの絵柄を選びます①。パネルをクリックするとダイアログが表示されるので、大きさや間隔をここで設定しましょう②。マカロンの上でクリックすると、いちごの絵柄が配置されます。同じようにさまざまな絵柄を配置してみましょう。

最後に、お皿も飾りつけてみましょう。「ペン」パレットの「コロコロペン」から、ゴールドの絵柄を選びます③。大きさや間隔を設定し、お皿の縁に沿って弧を描くようにペンを動かします。ゴールドの絵柄が変化しながら連続的に描画されました。お皿のまわりもキラキラで飾りつければ完成です。

ブログにアップロードできるよう、「ファイル」メニューから「名前をつけて保存」を選び、JEPG形式で保存しましょう。

FINISH!
  • BACK
  • 活用ガイドTOP
  • NEXT