Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

夢見る♥ペンタブレット!!
〜実践編〜
最終回 仕上げ編

小学館の少女漫画誌「Sho-Comi」で連載中!
『夢見る♥ペンタブレット!!』の登場キャラが、誌面には収まりきらなかった、
さらに詳しいペンタブレットの使い方を解説するよ!!

最終回の今回、テーマはいよいよ〈仕上げ〉=〈トーン〉やで!
〈トーン〉は、ここまで描きすすめてきたイラストに、
上から効果を貼って飾り付ける作業なんや。
投稿作品に多いのやけど、この仕上げがあまいと、
全体がうすくて雑に見えてしまうんやで。

アナログ原稿では、こういう紙のトーンをひとつひとつ丁寧に切りとって貼っていくんや。
しかも、グラデーションを作りたいときにはカッターでトーンを削って作らんといけんから、
とっても時間がかかる。

せやけど、ペンタブレットなら、場所を指定するだけで一瞬でトーンが貼れるから、
作業が革命的に楽になるんや!



グラデーションにも加工できるうえに、
この画像みたいに〈色を塗る感覚で〉
トーンを貼ることまでできちゃうんやで。

こんな風に、アナログではできない仕上げのワザがあるのも、
ペンタブレットの大きな魅力やな。



しっかりトーンも貼り終えたら、ついに原稿が完成!
デジタル原稿なら、ボタンひとつでどこの雑誌にでも投稿できてまう。
気楽な気持ちで、まんがのプロに見てもらおうや!

もちろん、印刷した原稿を持参して持込することもできるで。

Sho-Comiへの作品投稿はコチラから!


ペンタブレットとPCがあれば、それだけでまんがが描ける!

ひとつひとつの作業もアナログより簡単やし、間違えても直せるし・・・、
いいことずくめなペンタブレットで、今日からプロのまんが家を目指してみようや!

アナタが描いたまんがを読める日を、とっても楽しみにしてるで!!

全5回の連載コラムも、今回で終了。
最後まで読んでくれてありがとうな!
これまでの記事も読んでみてや!

Intuos Comicは筆圧対応のペンとマルチタッチ機能を兼ねそなえたペンタブレットIntuos pen & touchに、コミックイラスト向けソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」を付属。コミック制作を快適にはじめるための特別パッケージです。徹底的にイラスト、コミックを描きたい方におすすめです。

  • お店で製品を試してみよう!製品取り扱い店舗はこちら
  • ワコムストアで購入する
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る