法人のお客さまTOP > ビジネス関係のお客さま > 導入事例 > 東京海上日動あんしん生命保険株式会社

東京海上日動あんしん生命保険株式会社 -導入事例

導入事例一覧

液晶サインタブレットを活用した
生命保険申込手続きの
ペーパーレス化

体験版ソフトウェアをダウンロード

背景

お客様が利用しやすい申込手続きを検討

東京海上日動あんしん生命保険株式会社様は、開業以来の「お客様本位の生命保険事業」という経営理念のもと、生命保険業界初(※1)のマルチデバイス対応の生命保険申込手続きである「らくらく手続き」の開発を進めていました。

生命保険申込手続きのペーパーレス化を検討した背景には、煩雑な申込手続きをわかりやすく、お客様、保険代理店の皆様が使いやすい操作性を実現することで、「お客様の利便性向上」と共に、「お客様情報保護の強化」「災害対策」の3つのメリットが得られるとの考えがありました。

実現には、お客様と申込手続きを行う保険代理店様の環境を考慮し、一般的なPCやタブレット型端末といったマルチデバイスでのシステム対応が必須でした。複数ある課題の中でも特に大きな課題はPCによる手続きにおいて、お客様が書く署名をイメージデータとしてシステムに取り込むことであり、そのためにはPCに接続して使う液晶サインタブレットが不可欠だったのです。

ソリューション

ペーパーレス化された申込手続きでの自署を可能に

STU-300

「らくらく手続き」に採用された液晶サインタブレット「STU-300」は、利用者が液晶サインタブレットの画面で筆跡を確認すると共に、手をついてしっかりと署名をおこなうことが可能です。
また、小型軽量で携行性に優れ、USB接続するだけで使用できるなど操作が簡単です。

ワコムは、開発の早い段階から技術提供を行い「らくらく手続き」における『紙とペン』に近い書き味の実現に貢献しています。

効果

お客様との一連の申込手続きにおいて更なる利便性向上を実現

2013年の10月末よりスタートする「らくらく手続き」には、生命保険の申込手続きにおいて、いくつもの効果が見込まれています。

従来は、健康状態に関する告知の査定結果(お引受条件)は、ご返答に数日を要していましたが、主要な疾患については、告知したその場で査定結果を提示することを実現します。これは生命保険で初めての試み(※2)です。

申込手続きでは、商品ごとに専用の申込書等が必要でしたが、1度のお手続きで最大4商品までの申込が可能になります。
さらに申込が完了したデータはその場で本社に送られるため、タイムラグの無い手続きが可能な一方で、PCには個人情報等が残らずセキュリテイの面でも安心です。
なお、後日お客様のお手元には「イメージ化された署名」が印字された申込内容等のお客様控が送られます。ここでもお客様の「あんしん」を実現されています。

ペーパーレス化は保険代理店の皆様のメリットも多く、システム稼働前から大きな期待や関心が寄せられています。

「らくらく手続き」は、今後の生命保険の申込手続きを大きく変える可能性をも秘めた、画期的なペーパーレスシステムとして開始します。

(※1)(※2)2013年8月時点あんしん生命調べ

導入事例一覧

よくある質問

サポート

個人のお客様

デザイン関係のお客さま

教育関係のお客さま

WDN
(Wacom Developer Network)

事例PDF

お客さま情報


東京海上日動あんしん生命保険
株式会社
「お客様本位の生命保険事業」を掲げ、「おかしいな、人間が生命保険に合わせている」というメッセージを世の中に宣言して、1996年(平成8年)10月に開業されました。以来、「お客様本位の生命保険事業」を基軸に、お客様一人ひとりのニーズにあった生命保険のご提供を行っています。多くのお客様からご支持をいただき、生命保険業界でも有数のスピードで成長し、2013年7月末時点において、保有契約件数(個人保険および個人年金保険)400万件を達成されています。
http://www.tmn-anshin.co.jp/

PHU-111 Inktag Liteセット販売

デモ機の貸し出し無料

電子サインで業務フロー改善

医療現場におけるペーパーレスソリューション

PAGE TOP