InkTag Lite

inktag lite
体験版ソフトウェアをダウンロード

ワコム クリップボード専用アプリケーション
紙の帳票をリアルタイムにデジタル化


特徴

InkTag Liteは、ワコム クリップボード上で書かれた紙の手書き情報を リアルタイムにデータ化するアプリケーションです。
紙を使うフローを変えずに、紙に書かれた内容をリアルタイムに電子化できるので、対面での受付業務などで便利にお使いいただけます。 Windows10用アプリケーションのため、システム開発不要で購入したその日からご利用可能です。

「紙を残したままできるだけ簡単にデータ保存をしたい」
「ワコム クリップボードを、Windows環境で試してみたい」
このような方におすすめのアプリケーションです。

inktag-lite

シンプルな機能で簡単に手書き情報を電子保存

InkTag Liteでは、ワコム クリップボードのバーコード読取機能を利用し、あらかじめ登録されている帳票PDFデータを呼び出すことが可能です。読み込んだPDFデータをInkTag Liteに表示させ、紙帳票にワコム クリップボード上で書き込みをすることで、リアルタイムで書き込み内容がデジタル化されます(PDF形式で保存)。

  • ・ワコム クリップボードのバーコード読み取り機能対応※
  • ・クリップボードの手書きデータがリアルタイムでデジタル化
  • ・クリップボードの物理ボタンでPDFファイルに保存

※バーコード付きのPDF作成にはワコム クリップボード専用帳票作成アプリ「CLB Create」が必要です。Wacom Marketplaceにて配信中、無料でご利用頂けます。

InkTag Liteを利用したワークフロー

InkTag Liteを利用したワークフロー

機能拡張・カスタマイズにも対応可能

InkTag Liteは、簡単・シンプルにワコム クリップボードを お使いいただくためのアプリケーションですが、業務内容や運用に合わせて機能のカスタマイズを行う事も可能です。

「Windowsではなく、iOSやAndroidで利用したい」
「手書きされた文字をテキスト変換させて利用したい」

など、ご希望の機能がございましたらお問い合わせください

システム動作環境

CPU IntelR1.3GHz以上のプロセッサ
OS Microsoft Windows10
メモリ 256MBのRAM (512MB推奨)
入力機能 ワコム クリップボードPHU-111
ソフトウェア更新履歴
(製品版および体験版)
2018/4/18 V1.02公開
2018/11/27 V2.00公開

開発元

ポトス株式会社

関連製品

PHU-111

PAGE TOP