ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける 絵画コース

STEP.1 形をつかむ

HAL_先生のコラム授業:正確な形をつかむ道具

この授業の先生


デジタルでは手軽に写真を下絵に出来ますが、写真のない場合は「デスケル(デッサンスケール)」と言うグリッドを好かして見る器具を使ったり、鉛筆を縦や横に使い「はかり棒」代わりにスケッチしていく方法をとっていきます。

練習が終わったらバナナやリンゴなど本物を目の前において描いてみましょう。
写真とは違う立体的な物の形を捉えるときに「デスケル」や「はかり棒」がとても役に立ちます。

透明なプラスチックの板に油性マーカーで格子状に線を引いただけの物でも役に立ちます。