ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受けるコミックコース

STEP.4 キャラクターを作ろう。

加藤アカツキ先生のコラム授業:「デフォルメに正解は無い。」

この授業の先生


絵柄については、たくさん絵を描いているうちにだんだんと自分の絵柄ができあがっていく人もいれば、意図的にデフォルメの法則性をコントロールをして作り上げていく人もいます。

一つの世界観の中ではなるべく絵柄に統一感を持たせたほうが良いですが、「どういったデフォルメをするべきか」については特に正解というものがありません。 自分なりの絵柄や世界観を突き詰めることも重要です。でもデフォルメのパターンは世代や地域によって流行りや一定の傾向があり、「自分の絵を見てくれるのはどんな人達だろう?」ということについて考えてみるのも良いでしょう。

新しい絵柄を描きたいと思ったら、様々な作品を観察し、真似て、自分が持っているデフォルメパターンの引き出しを増やしましょう。それらを上手く組み合わせることでまた新たな絵柄が産まれてくるはずです。