ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける イラストコース

STEP.5 立体に影を付けてみよう。

影は線で描いてみよう1 詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

物の影は均一の明るさで見えているわけではないので、正確に描くためにはその場所に当たる光を意識しなければ描けません。
しかし、影の部分にすでに描いた物がある場合はその上に線を重ねていく事で表現出来ます。それは描いた線と線の間の隙間にすでに描かれた物の形が残るからです。

平行線と言ってもそんなに正確に描く事もなく、物の形と明るさを意識して線の数を考えて引けば描けます。

    • 1. 光と反対方向に影が出来る。
    • 2. 光の方向を考えて線で影を描く。
    • 3. 光の部分にも明るい線を描いてさらに立体感。