ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける 中級編イラストコース

STEP.2 正面上からみた箱を描く

どんな形の物でも小さなパーツの組み合わせです。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

知っているつもりでいても、描いてみると意外に覚えていないことが多いのは以前お話ししました。
どんな形の物でも小さなパーツの組み合わせですし、頭に入っているパーツを単純化して描いていけば意外に楽しめるようになってきます。
いちばん単純な形と言えば直方体です。色々な形を描く前に、どんな角度から見た箱でも描けるようになっておくと楽になります。

ここからはガイドに使う薄いグレーの色を活用して下さい。
描いた直方体はそれぞれの面の角に三角マークを入れるとさらに形がはっきりします。

    • 1. ガイドカラーで水平三本、垂直二本の線を引きます
    • 2. 上に出来た四角形を使って台形を作ります
    • 3. 下側にも垂直線を二本追加して逆台形を作ります
    • 4. ガイドに沿って実線を引き箱の模様を描き入れます