ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける マンガコース

STEP.2 子供の顔を描く。

幼児の頭部のバランス 詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

言葉を覚えたり成長を始めると、ヒトはまず「脳」を優先して成長させるようです。顔の下半分よりも先に「上半分」に少しウェイトを置いて大きくしていきます。赤ちゃんの時と同様
・ちっちゃい!
・目は他の部位よりも大きく見える
・目と鼻と口か近付いている
の3つのポイントを抑えつつ、でも赤ちゃんよりもそれぞれを「弱め」のバランスで描きます。

いつも自分が描いているキャラクターの顔のバランスを「標準」として、幼児のバランスをどうとっていくかポイントを抑えておきましょう。どうしてもバランスがわからない!というときは下絵を利用しましょう。でも、あくまで参考程度に。下絵通りに描かなければならない掟なんてないんですから。

赤ん坊の頃に較べて頭部が成長します。もちろん目と鼻と口が少しだけ離れ頭部の「下半分」も成長しますが、頭部にくらべて遅めです。

普段自分が描いているキャラの目鼻や口の描き方で幼児を描いてみましょう。赤ちゃんの時よりずっと意識がしっかりとして、表情も豊かになります。まだまだ「黒目がち」、目と鼻の位置を近づける意識を持って。

髪の毛も描いて幼児の顔が完成です。赤ちゃんの時よりずっと髪の毛の量が増えますが、まだまだ髪の毛が細いですし、それほどボリューム感はありません。

    • 1. 幼児の顔のバランス。
    • 2. 幼児の顔を描いてみる。
    • 3. 幼児を仕上げる。