ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける 絵画コース

STEP.1 立ちポーズを描く(1)

「どこを見て」「どこを描いて」いくのかを練習します。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

人物サンプル絵を下絵にして、「どこを見て」「どこを描いて」いくのかを練習します。

インターネットの中にはたくさんの人物写真を見つける事が出来ます。気に入った写真を見て、
短い時間で全体のバランスをつかんでいく方法が良いのですが、
ネット上の写真そのままを使う事は肖像権や著作権に反する事もありますので、
ここでは私の描いた下絵を表示させて人物の動きをつかみ、描いてみましょう。

下絵は3種類のタイプで描かれています。右はバランスを見やすいように、中は骨格、左は肉付けした物を表示しています。

    • 1. 両足でしっかり立ったポーズなので腰も肩も水平の位置にあります。
    • 2. 腰に体重がしっかり乗るので上体はリラックスしています。
    • 3. 左の2体の形を理解した上でクロッキーしてみます。
    • 4. 下絵を消して膝の位置などを確認してみましょう。