ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける 絵画コース

STEP.1 寝ポーズを描く

寝ているときの人体は、床に点いている骨格が水平にならびます。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

寝ているときの人体は、床に点いている骨格が水平にならびます。
このポーズでは左肘、左肩、左腰、左膝、左かかとが床に付くので水平になります。
骨格の中心はどうなっているでしょう。頭部はあがり、腹部が下に落ち、腰部では少し上に上がっています。

立ちポーズ2の片方に重心がかかった状態と同じS字になり、全体のバランスを取っている事が分かります。

    • 1. 床の線をはじめに記し、床に触れ体重がかかる点を確認します。
    • 2. 腕により頭部がかなり上がっているので胸と腰部にS字ラインが見えます。
    • 3. 右膝は曲げられているので足首にかけての形を丁寧に考えましょう。
    • 4. 床に対して水平に横になっている様子が描けたでしょうか。