ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受ける 絵画コース

STEP.1 座ポーズを描く

座ったポーズはお尻に重心がかかるので、腰を中心に考えていきます。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

座ったポーズはお尻に重心がかかるので、腰を中心に考えていきます。

足は体重がかかるわけではありませんのでどの方向にも動かす事が出来ます。
上体は膝が高い位置にある場合は前屈みになり、低い位置にある場合は腹部が前に出ます。
肩は立ちポーズと同じように腰にかかる重心によって高低の変化があります。

逆に肩を動かす事でもお尻にかかる重心が変わります。左肩が上がれば左のお尻が下がり重心が左にかかります。

    • 1. この絵では左腕が上がっているので、左腰が下がり左のお尻に体重が多くかかっています。
    • 2. 頭部から尻にかけてはS字が見えてくるのが分かります。
    • 3. 左腕を持ち上げるためには左肩をあげていきます。
    • 4. 肉体自体はあまり考えなくても、絵の中で重心のかかり方さえ理解出来れば十分です。