ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受けるコミックコース

STEP.1 肉付けをしよう。

ポーズができあがったら素体の動きに合わせて肉付けをしてみましょう。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

体のパーツには太い部分と細くなる部分があり、それぞれのパーツがどのような形状をしているかをきちんと理解することが重要です。 肉付けには筋肉と骨格の知識が必要です。自分の体や写真などを見て、筋肉がどういう形状をしているのかしっかりと観察しましょう。

    • 1. まずは素体を使ってなにかポーズをつけてみましょう。
    • 2. 円筒状のパーツを組み合わせて、全体の形をつくりましょう。
    • 3. 筋肉の細かい凹凸を描きましょう。
    • 4. 素体の間接の位置と多少ずれてしまっても、あまり気にすることはありません。自然なバランスに見えるように、描きながら形を探っていきましょう。
    • 5. 凹凸の少ない体系の方ほど微妙なニュアンスを描き分けるのが難しくなります。最初は筋肉質な男性やグラマラスな女性など、肉付きの良い体格の方を参考にすると良いでしょう。

注意: 奥行きのあるポーズを描くことは最初は難しいですね。
うまく表現するためにはそれぞれのパーツの「太さ」を理解することが重要になってきます。 例えば腕のパーツを輪切りにして考えてみましょう。それぞれの円の距離はそのまま、肩を基点に手前に回転させてみましょう。円の端を線を繋げば、形が見えてきます。