ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受けるコミックコース

STEP.2 顔を描いてみよう

まずは顔がどんな構造をしているのか、描きながら形を覚えていきましょう。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

顔はとても複雑な形をしています。でも絵を描くことが好きな人の中で、顔を描くことが嫌いという話はあまり聞いたことがありません。

顔はキャラクターにとっての象徴で、多くの方が最初に絵を描き始めた頃は、まず顔から描き始めたのではないでしょうか。 顔がどんな形をしているのか、まずはしっかりとその構造を捉えてみましょう。

    • 1. 丸い球状の物体を意識して描きましょう。立体として捉えやすいように、斜めと横向きの顔を描きます。アイラインと、頭頂部から耳をつなぐ即頭部のラインをきちんと意識しておくといいでしょう。
    • 2. 球体が描けたらあごとなる部分を延ばします。やや前方に傾けるのがポイントです。
    • 3. 額から目、頬からアゴのラインをくぼませます。
    • 4. 目、鼻、口、耳などのパーツをつけ、細かいバランスを調整してあげましょう。
    • 5. 男性を描く場合はアゴから頬骨のラインをガッチリとさせてやるといいでしょう。
    • 6. ベースができあがったら、上から好きな顔を描き入れましょう。

●注意
自分の顔を鏡で色々な角度から見たり、触ったり、あるいはポーズ人形などを参考にして、顔の凹凸をよく確認しましょう。額から鼻筋のライン、アゴから頬骨のラインは特に注意して観察してみましょう。