ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受けるコミックコース

STEP.2 手を描いてみよう。

円筒状のパーツに分けて考えよう。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

手は人体の中でも特に間接の数が多く、その動きもとても複雑になってきます。

簡単な形で捉えられるように、いくつかのパーツに分解して考えます。まず手のひらと指とを分け、指は節ごとに一つの円筒状の物体として捉えてみると良いでしょう。

    • 1. まずは”手のひら”を一つの平べったいオブジェクトとして描き、そこに”円い筒状のパーツ”が接合しているものとして捉えてみましょう。間接ごとに一つのパーツとして考えます。
    • 2. パーツを繋ぎ合わせるとロボットアニメに出てくるロボットの手みたいになりますね。円筒の向きと断面の角度が重要です。
    • 3. 自分の手や写真などを参考に、なにか形をつけてみましょう。
    • 4. 簡単な素体が描けたら肉付けをしてみましょう。自分の手や写真などを参考にするといいでしょう。指のパーツの接合部をシワとして描くと、より指らしくなります。
    • 5. 手を描くには自分の手が一番の資料

●注意
手を描くには自分の手が一番の資料となります。 実際に手を開いたところをよく観察してみると、それぞれの指の付け根は緩いカーブを描いていることが分かります。中指の付け根が一番高く、小指の付け根は少し低いところにあります。 また、指のパーツで一番太いのは第二関節で、そこから先に向かって細くなり、先端は独特の丸みがあることが分かります。