ワコムクラブアカデミー

ゲストで表示しています ログイン

授業を受けるコミックコース

STEP.4 個性を描きわけよう

キャラクターの個性を描き分けよう。詳しい説明はこちら

あなたのブラウザはお絵かきツールのご利用に対応していません、推奨環境にアップデートしてください。

推奨環境についてはこちら

お絵かきツールについてはこちら


詳しい説明とヒントはこちら

よく人の印象は半分以上が見た目で決まると言われています。
皆さんもキャラクターをパッと見た瞬間に、「このキャラは気が強そうだ」とか「このキャラは軟派っぽいな…」とか、色々な印象を抱いたことがあると思います。

人はキャラクターのどんなところを見て、そのキャラクターの印象を判断するのでしょう?
それは例えば顔つきや髪型、服装と言ったパーツの形であったり、さらには動作や立ち振る舞いといったものから、受け手はキャラクターの内面を感じ取っているのです。

例えば目じりが上がってる人はちょっと気が強そうですね。
反対にタレ目の人は優しそうだけど、少し頼りない感じ…。

こういった記号化された特徴付けをしていくことで、様々なキャラクターをつくることができます。 そのバリエーションを数え上げればきりがありませんが、いくつか作例をあげてみますので、皆さんも試してみてください。

    • 1. 目はそのキャラクターの性格を最も反映しやすいパーツです。目尻の上げ下げや、黒目のサイズを変えるだけでも印象が変ってきます。
    • 2. 髪型に変化をつけると簡単にキャラクターを差別化することが可能です。それぞれの性格を反映するにはどんな髪型が良いでしょうか?色々試してみると良いでしょう。
    • 3. ツンツンした髪の毛の男の子は少しヤンチャな感じですね。女性は分け目をつけたり、髪をカールさせることでグッと大人っぽくなります。
    • 4. 小物やアイテムを使うのもいいでしょう。眼鏡をかけた人は知的に見えますね。立派な髭を生やした紳士からは威厳を感じられますが、無精ひげだと逆にだらしない印象がしますね
    • 5. 男性はもみあげの形も意識しましょう。組み合わせ次第でキザっぽい顔つきにも、野生的な顔つきにもなります。表情なども意識してあげましょう。

●注意
特徴のバリエーションに行き詰ったら、他の人の作品を観察することでもそのヒントは見えてきます。すでにデフォルメされたキャラクターは分かりやすくその特徴が記号化して強調されています。先人たちが開発してきた知恵を学ばせていただきましょう。