Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Cintiq
  • Cintiq Companion
  • Intuos
  • Intuos Pro
  • Bamboo Stylus
  • Bamboo Paper

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

Category
タイトルタグから探す

  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストテクニック第126回/乃絵のえる

第126回は、乃絵のえるさんの登場です!
SAIを使ったイラスト作成過程を紹介します。

乃絵のえる

イラストレーター、たまにグラフィッカー。
TCGやグッズのイラスト、ゲーム系のイラストや原画等で活動中。

ウェブサイト

Aim on

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

SAIでラフを描いていきます。
今回のイラストはほとんどの工程を SAIで仕上げていきます。
テーマは「秋の暮れ」
秋の終わりの少し寂しい雰囲気、かつ夕暮れと紅葉の色を使って、 綺麗な一枚にすることを目標に構図を考えていきます。
パースやデッサンはあまり気にせず、 こうしたいな、というイメージを念頭に置きながら描いていきます。

ここで配色もおおまかに決めていきます。
逆光で光と影のコントラストの強い、幻想的な一枚にしたいので、 この時点で光の光源や入り方、おおまかな色味と印象を固めていきます。
イラストはラフを詰めれば詰めるほど、後々考えがブレず、迷うことも少なくなり作業も楽になるので、ラフはじっくり詰めると良いと思います。

線画作成

ラフの上にレイヤーを作成し、線画を作成していきます。
私の場合、SAIの筆ペンツールをカスタマイズしたものを使って線画を起こします。
ペンの大きさは4~8px。
レイヤーフォルダを作って、キャラと背景で線画データを分けておきます。
また、塗りの際には非表示にする予定のアタリ線に色をつけておきます。

→ペンツールカスタマイズ例

線画は見えない部分もしっかり描き込んでおくと、塗りで細かい変更をする場合、柔軟に対応できるので全て描いておきます。
特に仕事で頼まれて描くものは「ここは見えるように」「やはりこちらの方が」など、要求や変更することもありえるので、対応しやすくするために見越しておくのも大事です。
最終的な線画は、色分けに使用する線画だけにするので、見えない部分はマスクで消しておきます。

色分け

ラフを見つつ、まずはキャラクターの色分けを行います。
SAIのバケツツール[領域検出元][検出元に指定したレイヤー]を選択し、先ほど線画で分けた「キャラ」のレイヤーフォルダを検出元に指定します。
これで塗りたい箇所をクリックするだけで簡単に色を置けるので、色のレイヤー分け作業が楽にできます。
線のフチ等、完全に塗ることができない細かい部分は、塗り漏れがないかチェックして、塗り潰していきます。
また、この時点で目と眉のレイヤーを別のレイヤーフォルダに移動します。
仕上げの際、髪で隠れる目の部分をうっすら見せる作業をするので、目と眉は「キャラ」から独立させた方が作業しやすくなります。

背景の色分けを行う前に、Photoshopで紅葉のブラシを作っておきます。
舞っている紅葉や、木の周りの紅葉を塗る際に使用します。

背景もキャラと同じように色分けを行いました。
舞っている紅葉は作ったブラシをアタリ線の部分に置きました。
キャラもそうですが、この時点で置く色は「だいたい使いたい色」で置いています。
あとで色調整ができるデジタル彩色の強みをふんだんに活かしたいと思います。

背景の塗り

次の工程でキャラを塗る、という方が多いと思いますが、私は背景から塗っていきます。
特に今回は背景の演出がキャラの印象に深く関係するので、背景を塗った後に「キャラはやっぱりこう塗った方がよかった」など、 背景につられて塗りがブレないようにしたいためです。
Photoshopに移り、奥の背景から着手して、空や雲、作成した紅葉ブラシで木の形を塗っていきます。
光源は、キャラの真後ろにある奥の太陽なので、逆光を意識して形を作っていきます。

奥の塗りが終わったら、再びSAIに移ります。SAIの筆ツールを使用して、建物の中も塗り進めます。
夕方で影色になりやすい建物内は、反射光で紫系の色味になるので、青紫やピンク等の色を置きました。

カーテンに透ける窓枠を作ります。
カーテンのレイヤーの上に乗算レイヤーを作成し、彩度の低い紫系の色を使って窓枠の形を塗ります。
また、窓のガラスもはめ込んでおきます。

簡単に光の効果を置いて背景の印象を固めました。
不透明度80%くらいの発光レイヤー、オーバーレイレイヤーを重ね、エアブラシで光が当たったり、漏れたりする部分を塗っていきます。

キャラクターの手前の紅葉も塗り進めます。
エアブラシで赤みをふわっと追加し、細い筆で葉脈を描き込みます。
また、少し物足りなかったので、筆で簡単な葉を追加しました。

ちょっと紅葉が固いのでPhotoshopに移って[ぼかし][移動]ツールでブラー効果をつけます。
紅葉は風に乗って画面下に落ちていくため、斜め下45度、30pxぐらいでぼかしました。
これで背景はだいたい作業完了です。

肌の塗り

SAIへ戻って、次はキャラを塗ります。
肌レイヤーに新規レイヤーをクリッピングし肌の影から塗っていきます。
肌の影色は、

・暖色方向へ色相をずらす
・明度をあまり下げない
・彩度を若干高めに調整する

ということを意識して、柔らかさを表現します。

キャラの塗りにはSAIの水彩筆をカスタマイズしたものを使用します。

1.形をつけて塗る筆(左)
2.柔らかく塗る、または調整する筆(右)

他にも濃度50~70%のエアブラシも使用します。
基本的な影やスカートから落ちる影などの固い影は1の筆、
太ももなど円柱に近い形を塗るときははエアブラシで色を置いて、2の筆で柔らかさの調整を行います。

さらに影2、反射等を追加していきます。
逆光なので少し影の入りを大目にしました。

目の塗り

①ベース色より濃い色でグラデーションの影。
さらに上のレイヤーに瞳孔の形を意識した濃い影をおきます。

②目の形を意識し、虹彩や瞳孔の部分に明るめの色を置き、瞳孔の中心は影色で点を置くように塗ります。

③瞳に入る反射や明部となる部分に、オーバーレイやスクリーンレイヤーで色を置きます。

④ハイライトをおきます。白のハイライトの下に、色味のついたハイライトをスクリーンレイヤーでふわっと入れると、目を綺麗に見せることができます。

⑤目の線画レイヤーに新規レイヤーをクリッピングして、まつげの中心に反射色、フチに肌が透けた色をふわっとのせます。

髪の塗り

髪は生え際と流れを意識して毛先に向かって塗ります。
逆光なので、光が当たりやすい部分もさらに意識して影1の色で形を決めていきます。
ここで大体のキャラや雰囲気の印象も決まると思っているので、じっくり考えながら塗り進めています。

影の形が決まったら深い影、ハイライトを入れます。
また、濃い紫色を不透明度30%程にして、影部分にうっすら反射光を入れます。

透明感が欲しいので顔周りの髪に、肌影1~影2色の中間あたりの色をエアブラシでふわっと塗ります。
また髪が流れて光の影響を受けやすくなっている部分にオーバーレイレイヤーを重ね、髪が光っているような効果をのせます。

服の塗り

服はしわや形を意識して塗っていきます。
逆光なので、影部分を多くして「影を塗らない部分には光が当たりやすい」を意識して形を作っていきます。
影色を置かない部分は、あとで光効果をのせる部分になります。

ジャケットに青の中間色が欲しかったので、影1レイヤーの下に入る「0影」を作りました。
こうすると影とベース色の中間色を作れたり、深みや柔らかさを表現できます。

効果

乗算やオーバーレイのレイヤーを重ねて影色を深くします。
また各レイヤーの色を、夕陽の影響を受けた色に調整していきます。

Photoshopへ移動し、覆い焼きレイヤーやオーバーレイレイヤーで、キャラの周りの光が当たる部分へ色を置きます。
キャラのフチ、髪の隙間などにエアブラシで置くように塗ると、奥から光が漏れるような表現ができます。

最初に塗り分けておいた目と眉のフォルダをマスクし、髪の部分をうっすらとマスクで削って、透け髪を作ります。

レイヤースタイルのパターンオーバーレイを使用し、紅葉に質感を加えました。
また紫色の乗算レイヤーを加え、グラデーションで影色を加えています。

演出効果を高めたかったため覆い焼きレイヤーで太陽の光を付け加えました。
粒のような点も加え、画面密度も少し上げます。

効果を含めたキャラクターのレイヤーを2つコピーして、新規レイヤーフォルダに格納し、フォルダ内のそれぞれのレイヤーを、
左:レイヤーモード:乗算、不透明度30%
右:レイヤーモード:オーバーレイ、不透明度30%
として、ガウスぼかしを30pxぐらいかけます。

最後にレイヤーフォルダの不透明度を20%にして、キャラクター全体にグロー効果(光っているような効果)を付け加えました。

完成

調整レイヤーで全体のコントラストを納得いくまで微調整して、気になる部分がないかチェックしたら、イラスト完成です。

完成イラストを見る

Intuos Proはプロの現場で認められるペン機能と直感的なマルチタッチ機能を兼ね備えたプロフェッショナルペンタブレットです。各種ソフトウェアに対応し、豊かで繊細な絵筆タッチを実現。正確に、思い通りの操作が可能です。クリエイターの高度な表現力と創作をサポート、環境に合わせて使える3つのモデルのペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る