Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

ペンタブレットのサイズ選び液晶ペンタブレットのメリット

ペンタブレットの大きさは様々です。板型ペンタブレットにはSmall/Medium/ Largeの3種類のサイズがあります。ここではサイズ選びのためのポイントを見ていきましょう。

入力エリアと絶対座標

ペンタブレットの入力エリアとモニター画面は1:1の絶対座標で対応しています。
例えば、入力エリアの真ん中をペンで指せば、モニター側のカーソルポインターも画面の真ん中を指します。指したい場所にペン先を置けば、そこにカーソルが現れる、絶対座標によりカーソル位置を検出しています。
マウスでの操作では、マウスを動かしただけカーソルが動く相対座標ですが、それと比べて絶対座標による検出では、より紙にペンで描く感覚に近くなります。

入力エリアと絶対座標入力エリアと絶対座標

モニターサイズに合わせて選ぶ

最適なペンタブレットのサイズを知るには、使っているモニターサイズがポイントになります。
モニターサイズに対して小さなタブレットを選んでしまうと、タブレット上でちょっとの線を引くだけで、画面上で大きく表示されてしまいます。逆に小さなモニターに大きなタブレットだと移動距離が大きくなります。
ペンタブレットのサイズは、モニターサイズに合わせて選ぶのがベストです。

モニターサイズに合わせて選ぶモニターサイズに合わせて選ぶ

入力エリアのカスタマイズ

ペンタブレットでは細かな設定のカスタマイズができます。タブレットの入力エリアとモニターの表示エリアの領域変更を、自分好みに設定することができます。 設定はアプリケーションごとに割り当てることも可能です。

ペンタブレットでは細かな設定のカスタマイズができます。タブレットの入力エリアとモニターの表示エリアの領域変更を、自分好みに設定することができます。 設定はアプリケーションごとに割り当てることも可能です。

例えば、大きなペンタブレットを使っていると大きなストロークで絵や文字を書くことができますが、他の操作でも同様にペンを大きく動かす必要があります。そこで、ペイントソフトを使用する際マッピングを最大に設定(表示エリアとタブレット操作エリアを全画面に)してペンタブレットの性能を最大限に引き出してイラスト制作を、それ以外の通常操作ではマッピングを小さめに設定(表示エリアを全画面、タブレット操作エリアを一部領域に制限)して、小さくペンを動かすだけで画面全体にカーソルを動かせるようにする、といった便利な設定もできます。

入力エリアのカスタマイズ入力エリアのカスタマイズ

例えば、大きなペンタブレットを使っていると大きなストロークで絵や文字を書くことができますが、他の操作でも同様にペンを大きく動かす必要があります。そこで、ペイントソフトを使用する際マッピングを最大に設定(表示エリアとタブレット操作エリアを全画面に)してペンタブレットの性能を最大限に引き出してイラスト制作を、それ以外の通常操作ではマッピングを小さめに設定(表示エリアを全画面、タブレット操作エリアを一部領域に制限)して、小さくペンを動かすだけで画面全体にカーソルを動かせるようにする、といった便利な設定もできます。

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る