Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション
Wacom one 使ってみました!

Wacom One 液晶ペンタブレット 13を
様々な分野で活躍中のクリエイターの方にお使いいただきました!
実際使ってみた使い心地、お気に入りポイントなどをお伺いしています。

SAAYA MASAKI

SAAYA MASAKI

1991年生まれ 香川県出身 武蔵野美術大学大学院版画コース修了イラストレーターズ通信会員
フリーランスのイラストレーターとして、「おいしい」や「クスっと笑えるかわいい」をテーマに、オリジナルグッズの制作や雑誌、書籍、広告、Web等のイラストレーションを制作しています。

Twitter:@MASAKISAAYA

Instagram:@saayamasaki

HP:http://saayamogmog.strikingly.com/

Tumblr:https://saayamm.tumblr.com/

ワコムさんにお声がけを頂き、はじめて液晶ペンタブレットを使用してイラストレーションを制作しました(ずっとワコムさんの板型のペンタブレット(Intuosシリーズ)を使用していました)。
使いはじめてすぐに感じたのは、まるで紙の上に描いているかのような描きごごちの良さです。違和感なくスラスラと描くことができ、手描きのような感覚でとても驚きました。
また、デスクトップやノートPCに資料や下書きのデータを表示する設定にすると、ペーパーレスにもなりますしこれまで以上にサクサクと制作ができるようになりました。
今まではスケッチブックにラフスケッチやイメージ案を描いてからスキャナーで取り込んでペンタブレットで描画していたのですが、画面に直接描画ができる「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」だとその作業が省略でき、アイデアをすぐに画面に反映できる点もとても便利だと感じました。これからもWacom Oneでたくさん作品を制作していきたいと思います。

Wacom One で制作したイラストと制作風景

サムネイルをクリックすると、拡大画像を見ることができます

稲橋 良太稲橋 良太

稲橋 良太

1988年10月17日生まれ 兵庫県尼崎市出身 ラグビー選手
小学3年生の時に地元のラグビースクールでラグビーを始める。東海大学附属大阪仰星高校に進学し、3年生で全国大会優勝を経験。その後、東海大学に進学し、大学選手権準優勝・ベスト4を経験する。4年生の時に副キャプテンを務める。卒業後、株式会社クボタに入社し、クボタスピアーズに入団。現在在籍9年目で、副キャプテン・FWリーダーを経験する。
2017年からジャパンラグビートップリーグ リーダー会議の代表を務め、全16チームの代表選手と共にラグビーの普及活動・社会貢献活動を行っている。

Twitter:@Ryota_Inahashi

Instagram:@inahashi_7

HP:http://kubota-spears.com/

僕はイラストど素人です!専門知識もありません!!今まで描いてきた絵を少しでも上手く、綺麗に描きたいと思ってペンタブレットを探しました。そのタイミングでSNSでワコムさんと出会いました。
最初に使った製品は「Wacom Intuos Small ワイヤレス」でした。初めてのペンタブでのイラスト作成で、今までよりは思った通りのイラストを描けました。ただやはり、直描きではないので線の多少のズレや、手元のサイズ感で少し苦労する事がありました。そんな時に「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」に出会いました。描きたいところに直接描ける、画面のサイズも十分に確保出来る、描く画面と見る画面を分けて使える!もう…最高です笑
「初めてのペンタブを考えている人」は「Wacom One」だったら、今までと変わらない感覚、そして今以上に楽しく描けると思います。僕自身まだまだ使いこなせていないので、ワコムの皆さんに御協力頂きつつ、今後も楽しんで描いていきたいなと思ってます。

Wacom One で制作したイラストと制作風景

サムネイルをクリックすると、拡大画像を見ることができます

岸田 奈美岸田 奈美

岸田 奈美

作家
100 文字で済むことを2000 文字で書いたあと、ちょっとだけみんなに好かれたい。
車いすの母、知的障害のある弟、亡くなった父など家族の話など。
最近、生まれて初めてWacom のペンタブレットでイラストなるものを描いた。

HP:https://kishidanami.com/

note:https://note.com/namirairo

Twitter:@namikishida

文章で何行も書くより、イラストを一枚描いたほうが伝わるときがある。
作家になってから何度も頭をよぎったことですが、なんせ面倒くさがりの私は、
なかなか踏ん切りがつきませんでした。
絵を描くには紙や画材が必要で、その準備にそもそもやる気が出ない。
10 年ほど前、板型のペンタブレットを使ったことがありますが、線がブレブレになって、
これは練習が必要だなと思ったら、なかなか手が伸びない。
液晶ペンタブレットは高くて、お金を貯めるのがそもそもハードル高い。

横着に横着を重ねた私の後押しをしてくれたのが、Wacom One !
エッセイを書きながら、思い付いたらPC にすぐつなぎ、
紙のようにサラサラッとイラストを描くことができています。嬉しい。
付属のペンも充電しなくて良い上に軽いから楽なのも気に入ってる。
文章とイラストで、もっと多くの人たちに笑ってもらえる作家になりたいです。

Wacom One で制作したイラストと制作風景

サムネイルをクリックすると、拡大画像を見ることができます

トランセンドジャパントランセンドジャパン

トランセンドジャパン

中の人。画伯。
トランセンドジャパンTwitter 企業公式アカウント中の人。よく落書きを投稿しているが普段はマーケティングの仕事してます。特にデザイナーやクリエイターではない、仕事での使い方としてご参考になればと。

Twitter:@Transcend_Japan

つい先日まで使っていたのは初代『Intuos』でした。驚かれるのも当然です。もう20 年近く前の製品ですからね。弊社も含めPC 周辺機器なんて20 年も経てばもはや化石です。なのに初代『Intuos』は実践レベルで活用出来ていました。恐るべき製品です。当時から筆圧レベルは1024 もあり、感度も優れていて、クリエイターでなければ十分すぎる性能でした。
そこに来たのが令和生まれの『Wacom One』。筆圧レベルはなんと4096。しかも液晶ペンタブレット!比較してはいけないけれど差が凄い。まるでHDD とSSD のような違い。
何より板型のペンタブレットと違い思った所に思った通り、線が引けるのは大きいですね。ビジネスソフトとの相性も高いです。
特筆すべきは持ち運びを前提にしたプロダクトデザイン。スタンドやペン、ケーブルなどコンパクトに収納でき、トートバッグにすっぽり入るお手軽さ。家でもオフィスでも『Wacom One』が大活躍です。とうとう液タブが持ち歩ける時代が到来ですね!

Wacom One で制作したイラストと制作風景

サムネイルをクリックすると、拡大画像を見ることができます

もっと気軽に
はじめようWacom One

デジタルイラストに挑戦したい。工夫を凝らしたアイデアスケッチやメモをしたい。表現に磨きをかけた動画や写真を作りたい。様々なニーズに応えるWacom One 液晶ペンタブレット 13。広々とした13.3型のディスプレイに、自然な感覚で使えるペン。購入特典ダウンロードソフトウェアが付いており、パソコンだけでなく、対応Android端末でも利用可能。有名文房具メーカーのデジタルペンにも対応し、様々なシーンで活用できます。Wacom Oneで、新たな創造を広げられます。

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る