Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

ソフトウェア講座/GIMP

ソフトウェア講座では、ペンタブレット対応ソフトの基本的な使い方を紹介しています。
フリーの画像編集ソフト「GIMP」を使って
イラスト作成にチャレンジしてみましょう!

GIMPダウンロードサイトへ(英語)

本解説で利用されているソフトウェアのバージョンは、初出時のバージョンとなります。
現在のソフトウェアのバージョンとはインターフェースや操作方法が異なる場合がございます。

初出:2011/2/21

イラスト:小沢ナツコ

「スクリーンショットを見る」リンクから、スクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

STEP1:線画を描く

 

新規画像を作成します。
メニューから[ファイル][新しい画像]を選択します。

最初に画像サイズ、解像度などを設定します。
今回はテンプレートの[1600×1200]を縦長にして使用します。


下書きを作成します。

下書き線用に、デフォルトの[背景]レイヤーの上に新規レイヤーを追加します。

今回は塗りつぶし方法を[透明]にしていますが、[白]でもOKです。


新規レイヤーに下書きを描いていきます。

ペン系のツールは[鉛筆][ブラシ][インク]などがありますので、自分の使いやすいツールを選択してください。

今回は下書き・ペン入れ共に[インク]を使用しています。


下書きが完成したら、上から清書しやすいように下書きレイヤーの不透明度を下げます。

下書きレイヤーの上に清書用の線画レイヤーを作成します。
この時、下書きレイヤーを透かすために、塗りつぶし方法は[透明]にします。


拡大・縮小ツールで細部を拡大しながら描きます。

線画レイヤーは1枚でも構いませんが、顔の輪郭と髪、服と肌など、重なる部分は何枚かに分けた方が描きやすいと思います。


清書し終わったら、
メニューから[レイヤー][下のレイヤーと統合]で線画レイヤーを全て統合し、下書きレイヤーを破棄します。

STEP2:彩色する

[線画]レイヤーと[背景]レイヤーの間に着色用レイヤーをパーツごとに作成します。塗りつぶし方法は透明にします。




描画色を塗りたい色に変更し、[ファジー選択]ツールで塗りたい部分を選択したあと、[編集][描画色で塗りつぶす]でパーツごとに下塗りをしていきます。


全ての色分けが終わった状態です。


陰影を付けたいレイヤーを選択し、[透明保護]にチェックを入れて彩色します。


頬などやわらかい部分はブラシツールの[Circle Fuzzy]のブラシで塗っています。
はっきり見せたい部分は[Circle]ブラシを使っています。



明るさや彩度、色相などを変えたい時は[色]メニューから選択します。

今回は肌の明るさを少し上げる為に[明るさ-コントラスト]を調整しました。


目などにハイライトを入れる時は、線画レイヤーの上に新規レイヤーを作って入れます。


着色が終わったら、線画を含め[背景]以外の全てのレイヤーを統合します。

STEP3:背景を描く

背景を作成します。
今回はメニューの[フィルタ][下塗り][Qビスト][パターン]を使っています。

GIMPは非常にフィルタのメニューが豊富なので、色々試してみると面白いですよ。


人物の周りを白く縁取ります。

人物レイヤーを選択して[色域を選択]ツールで人物以外の部分を選択し、 メニューの[選択][選択範囲を反転]で人物のみを選択した状態にします。

再びメニューの[選択][選択範囲を拡大]で、選択範囲を10px拡大し、人物レイヤーの下に新規レイヤーを作成して、描画色を白にして[描画色で塗りつぶす]を選択します。

これで、人物の周り10pxが白く縁取られました。


背景にブラシで手書きの効果線を入れます。

[背景]レイヤーのひとつ上にレイヤーを作り、[Pencil Sketch]ブラシで白い線を描いていきます。

手書きでアミをかけたような線が描けます。


仕上げに文字を入れます。
一番上に文字用のレイヤーを作成し、テキストツールを選択します。

フォントの種類、大きさ、色などを設定し、画面をクリックするとテキストエディタが出るので、画面に出したい文字を入力します。

文字のサイズや幅などを調整します。

これで、イラストの完成です!

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る