2017年、Wacom Intuos Pro 登場

2009年4月、「すべてはここから始まる。」
として発表されたIntuos4。
その進化に驚きをもって迎えられたIntuos4から、Intuos5、
Intuos Proとして進化を続けてきたIntuos Proシリーズ。
2017年、クリエイターのニーズを叶える新たな機能を搭載し、
「Wacom Intuos Pro」として生まれ変わりました。

Intuos4オプションはこちら

「Wacom Intuos Pro」が、プロクリエイターのニーズを叶えるために進化した機能一覧(抜粋)

  • 筆圧レベル8192
    (Intuos4は2048)

  • 繊細なタッチを実現するWacom Pro Pen 2
    (Intuos4はグリップペン)

  • 筐体の厚さ8mm
    (Intuos4は12mm)

  • 全モデルタッチ機能付
    (Inutos4は非対応)

  • サンプル付、描き味で選べるオーバーレイシート
    (Intuos4は1種類のみ)

  • 紙から始めるデザインにも対応
    (新たにPaper Edition追加)

  • 全モデルワイヤレス対応
    (Intuos4では別モデル)

クリエイターによるレビュー

フレンドリーな作風で人気のイラストレーター太田陸さん。Intuos4からの乗り換えでの使用感は?

≫レビューをみる

Favo、Intuos4から乗り換えてきた写真、デザイン、演劇と多彩に活躍中の写真家高倉大輔さんが実感したWacom Pro Pen 2の描き心地とは?

≫レビューをみる

表現力、操作性、全てが進化したWacom Intuos Proはクリエイターのひらめきを直感的に表現する進化したWacom Pro Pen 2を搭載。これまでにない自然なクリエイティブを実現します。 新たにラインアップしたWacom Intuos Pro Paper Editionは紙に描いてデジタルで仕上げる制作スタイルをバックアップします。

製品詳細をみる

Intuos4オプションはこちら