Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

インスタで差をつける!イラストを使ってかわいい #手書きツイート を作ろう!


InstagramなどのSNSで、手帳やノートに描いた手書きの文字やイラストの投稿を目にしたことはありませんか?「#イラスト」や「#スケッチ」など定番のハッシュタグはもちろん、最近は「#手書きツイート」のハッシュタグでたくさんの投稿を見ることができます。紙に描いたイラストをアップするのもよいですが、スマートフォンやタブレットを使って描けば、InstagramなどSNSへのアップも簡単です。かわいい #手書きツイート を作るコツを学んで、みんなと差がつく自分だけの投稿を作ってみましょう。

1.アプリを使おう

スマートフォンやタブレットでイラストを描くときには、いろいろな種類のペンやレイヤー機能などが使えるイラストアプリを使うと便利です。無料で使えるアプリもたくさんあります。今回は「Bamboo Paper」を使って、カフェのメニューをかわいいイラストに仕上げます。

2.ペンを活用しよう

指を使って描くこともできますが、細かな表現はペンがあると便利です。ここでは、iPhoneやiPadなどiOSで使用できるスタイラスペン「Bamboo Sketch」を使います。筆圧検知に対応しているBamboo Sketchなら、初めてデジタルイラストに挑戦する人も紙にペンで描くように自然にスケッチができます。また、ペンケースも付属しているので、カフェなど外で絵を描く際の持ち運びにも便利です。
※Bamboo Sketch対応アプリはこちらをご確認ください。

3.イラストを描いてみよう

アプリとBamboo Sketchを使ってイラストを描いてみましょう。

①テーマカラーを決める
まず、背景となるイラスト全体のテーマカラーを決めます。形のとりやすいドットを使います。ドットの中に絵を描いていくので、なるべく大きめに描きましょう。まっすぐの線でなくてもOK。手書きのよさが伝わります。

②白でモチーフを描き込む
ドットの中にワッフルとカフェモカを白で描いていきます。細かな部分を描くときには、画面を拡大すると便利です。時々全体を見なおして、バランスを調整しながら描きます。

③ポイントになる部分を色付け、ハイライトを加える
カフェモカのマグカップを水色で縁取り、クリームに色を足すことで、アクセントを加えます。
次に、ハイライトで白を描き足します。ここでは、マグカップやワッフルに白を加えることで立体感を表現しました。

⑤デコレーションを加えたら完成!
最後に、文字や装飾を描き加えます。最初に描いたドットを重ねたり、文字を書いたり、三角形の飾りを付け加えたら完成です!

簡単にかわいい #手書きツイート が完成しました。デジタルなので、イラストをスキャンしたり撮影したりすることなく、InstagramなどのSNSにアップすることができます。

手書きのイラストでみんなと差がつく投稿になること間違いなし!みなさんも好きなモチーフでかわいい #手書きツイート を作ってみてください!

撮影協力:KASHIWAGI CAFE

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る