Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

AI(人工知能)が発達しても活躍できる仕事は?

AIが発達することで、自動化が進み、AIに仕事が奪われるという記事を見かけるようになりました。そのきっかけになったのは、2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文『THE FUTURE OF EMPLOYMENT(雇用の未来)』。なんと准教授は、今後10年から20年で仕事の自動化が進み、仕事の約半分が機械に奪われるという衝撃的な予測を発表!

そこで、AI化が進むと予測される時期に社会人になる小中学生のお子様を持つ30歳から50歳までの男女に、「職業に関する意識調査」を実施しました。

今後、AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)によって失業者は「増えると思う」と回答した人の割合が(60.4%)に!

今後、AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)によって失業者は増えると思うか、どうかを尋ねたところ、「増える」(60.4%)と回答した人の割合が、「増えない」(21.3%)と回答した人の割合を大きく上回る結果になりました。

今後10年間でAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)などで業務が自動化されても、生き残るであろう職種に「デザイナー・クリエイター系」が上位にランクイン

今後10年間でAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)などで業務が自動化されても、生き残るであろう職種を尋ねたところ、「医療・介護系」(55.2%)、「研究・教育系」(47.4%)に次ぐ3位に「デザイナー・クリエイター系」(40.0%)がランクインしました。回答者の中で現在「デザイナー・クリエイター系」のお仕事に就いている方は1.3%と少数派ですが、10年後には増えると考える方が多いようです。

「デザイナー・クリエイター系」の仕事が残ると考える理由を尋ねたところ、「芸術的センスが必要な仕事だから」(72.7%)、が最も多く、次いで、「何もないところから新しいものを生み出す発想力が求められる仕事だから」(46.8%)、「決められた仕事を行うのではなく、仕事を作る立場だから」(42.1%)という結果になりました。

現在の仕事別で比較すると、「研究・教育系」に関する仕事している45人のうち27名(60.0%)が「デザイナー・クリエイター系」の仕事が今後10年間で生き残ると回答しています。

デジタル社会が進む中で活躍できるであろう職種に「ゲームクリエイター」、「デザイナー」などクリエイティブ系の職種が上位を占めた

今後デジタル社会がさらに進んでいく中で、活躍できるであろう職業はどの職業か尋ねたところ、「ITエンジニア・プログラマー(51.9%)」、「ゲームクリエイター(32.8%)」、「エンジニア(30.6%)」、「デザイナー(28.7%)」と、クリエイティブ系の職業が上位にランクインしました。職業として人気の高い「医師看護師(24.8%)」、「公務員(3.5%)」を抑えた結果となりました。

「子どもに身につけさせたいスキル」として「発想力(想像力)」(63.1%)が1位に

さらに子どもに身につけさせたいスキルについて尋ねたところ、「発想力(想像力)(63.1%)」、次いで「チャレンジ精神(45.7%)」、「協調性(42.8%)」という結果になりました。デジタル社会が進んでいく中で重要なスキルのひとつである発想力が1位になりました。
また回答の少なかった「絵などの表現力」についても、お子様の自由な発想力を絵や映像などで視覚的に表現するビジュアルコミュニケーションに役立つスキルになるのではないでしょうか。

親が「子どもになって欲しい職業」、1位「医師・看護師」、2位「会社員」、3位「公務員」

子どもになって欲しい職業について尋ねたところ、「医師・看護師(33.7%)」、「会社員(32.4%)」、「公務員(28.9%)」などが上位を占めました。「デザイナー(8.0%)」、「ゲームクリエイター(3.9%)」とクリエイティブ系の職業は下位となり、「デジタル社会がさらに進んでいく中で、活躍するであろう職業」とは、逆の結果となりました。

今回の調査から、「ゲームクリエイター」などクリエイター系の職業が、業務が自動化されても生き残るであろう職種としても上位を占めたにもかかわらず、親が「子どもになって欲しい職業」では下位に。今後活躍するであろう職業と保護者が希望する職業の間にギャップがあることが明白になりました。
一方で、子どもになって欲しい職業で上位の「会社員」として企業に所属して安定した労働環境の中で活躍するクリエイターも多く、今後さらにデジタル化が進むなかでクリエイター系の職業の人気が高まりそうです。

調査概要

調査方法
インターネット調査
有効回答数
540名
調査対象
東名阪の小学生から中学生の子どもを持つ30~50歳の男女
調査期間
2019年9月13日(金)~24日(火)
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る