Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストレーター 有田満弘
Wacom Cintiq Pro 24レビュー

関連製品:Wacom Cintiq Pro 24

『ポケモンカードゲーム』や『FINAL FANTASY XI』など多数の作品を手がけるイラストレーター 有田満弘さんによるWacom Cintiq Pro 24のレビューです。普段はCintiq 13HDと4Kディスプレイのデュアル環境で作業をされている有田さんに使用感を伺いました。実際に有田さんが描いている様子も動画で紹介しています。

現在の作品制作環境について

Cintiq 13HDとWacom MobileStudio Pro 13を使用しています。

描き心地について

僕は、ものすごく弱い筆圧で描くためペンが新しくなるたびに恩恵を受けているのですが、今回のWacom Pro Pen2はより繊細な筆圧を拾ってくれるため、とても描きやすいですね。

画面の広さについて

Wacom Cintiq Pro 24は、画面解像度が4Kあることと画面の比率が16:9のワイドサイズなので、アプリケーションのインターフェースを表示して、実際の印刷物に近いサイズで絵を確認しながら描けるためすごくメリットがあると思います。それから、13インチのサイズでは手の動かし方がどうしても小さくなってしまうので、これくらいの大きさがあると繊細な筆圧がより活用できるかなと今描かせていただいていて感じています。

4K表示について

自宅ではCintiq 13HDと4Kディスプレイのデュアル環境で作業をしています。なぜなら4Kの高精細なディスプレイで確認したほうが、より紙へ印刷したイメージに近い絵として確認ができるからです。だから液晶ペンタブレットでも4K表示ができるものが出ないかな?とずっと期待していました。やはりとても繊細なところまで表示されるため、すごくありがたいですね。


有田満弘
イラストレーター。画題を選ばす幅広い作品を手掛ける。国内外でのイベント・講演多数。代表作『ポケモンカードゲーム』『ファイナルファンタジーXI』『カルドセプト』『仮面ライダーバトル ガンバライド』関連イラスト、劇場版アニメ『ベルセルク黄金時代篇』『ひるね姫』コンセプト、児童小説『ガフールの勇者たち』



ホームページ - MITSUHIRO ARITA / WORKS
Twitter - @MitsuhiroArita



自然な描き味、繊細なタッチ、多彩な表現力を追求し続けるワコムの液晶ペンタブレット Wacom Cintiq Proに24型サイズが登場。すべては、クリエイターの創造性を最大限に引き出すために。

製品詳細をみる

  • お店で製品を試してみよう!製品取り扱い店舗はこちら
  • ワコムストアで購入する
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る