Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第140回/砂利さや(か)

第140回は、砂利さや(か)さんの登場です!メディバンペイントを使ったイラスト作成過程を紹介します。

砂利さや(か)イラストレーター
主にソーシャルゲームでイラストを制作しています。

ウェブサイト

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

今回はラフから完成までメディバンペイントのみで行います。
(Photoshopは最後の仕上げに使用します)

まず、太めの鉛筆ブラシでラフを描きます。
パースなどはあまり気にせず、入れたい要素をどう配置するかなどのイメージを描き起こしていきます。

新年らしい華やかなイラストにしたかったので、 「和風パレードの警備休憩中の犬のお巡りさん」というイメージにしました。

全体の大まかなラフを描いたら、キャラクターのみ詳細に描きこみます。

ラフの下に新規レイヤーを作成し、色を置いていきます。
この時に光の入り方なども大まかに決めておくと、イメージがブレないので、後の作業が楽になります。

ラフに使用したレイヤーを全て結合したら一度jpgで保存し、ラフjpgを資料ウィンドウに表示しておきます。

線画作成

ラフの上に新規レイヤーを作成し、ラフを元に消失点定規を使ってパースを引いていきます。

ラフとパースの[レイヤー:不透明度]を下げ、薄く表示します。
一番上に新規レイヤーを作成し、一番手前の背景(=近景)から線画を作成します。
背景の線画は、カスタマイズした[鉛筆(ざらざら):濃度34%]で描いていきます。
※ブラシウィンドウの下にある[ブラシを追加(クラウド)]をクリックしてブラシを追加できます。

細かい装飾は塗りのときに描くので、この時点では描きません。

近景レイヤーの下に新規レイヤーを作成し、中景を描きます。
中景は近景よりもペンの太さを少し細くして描きます。

キャラクターで見えなくなる部分も軽く描いておきます。

近景の上に新規レイヤーを作成し、キャラを描いていきます。
キャラは[鉛筆ブラシ:5~7px]を使用します。
キャラの装飾もこの時点では大きさや位置がわかる程度のおおまかさで大丈夫です。
髪の毛が重なった部分やはみ出しなども塗りの時に消していくのであまり丁寧に描かなくても大丈夫です。

刀はキャラの上に別レイヤーで描きます。

中景の下にレイヤーを作成し遠景を描きます。
ペンの太さは3~5pxで、ラフを少し丁寧に描く程度で描きます。
窓枠や柵などは塗りで描くので線画では必要ありません。

全ての線画を複製してフォルダにまとめ、非表示にしておきます。
(この後で元の線画に手を加えるため、このフォルダは別に残しておきます)

線画のキャラと重なっている部分を消します。
後で色トレスで線画の色を変えるので、全ての線画の[レイヤー:透明度を保護]にチェックを入れておきます。

色分け

各線画レイヤーの下にそれぞれ新規レイヤーを作成したら塗りつぶし、[レイヤー:透明度を保護]にチェックを入れます。
これらがそのまま、塗りで使用するレイヤーになります。
一番下には空のレイヤーを作成します。

[使用ブラシ:ペン・鉛筆]を使用し、透明度を保護した塗りのレイヤーにベースとなる色を置いていきます。

はみ出しは気にせず、ざっくりと下塗りします。
遠くにあるものは彩度の低い色を置き、近くになるほど彩度を高くしていきます。

背景の塗り

全体の雰囲気を固めてからキャラを塗りたいので、[背景:近景]から塗っていきます。
あまり拡大せず、全体を見ながら塗り進めていきます。
面を[平筆(ウェット):濃度70%]で塗り、細かいところは[鉛筆]で塗っていきます。
レイヤー内で奥にあるものから塗っていくので、今回の絵では天井から塗っていきます。

[新規キャンバス]を作成し、天井に入れる模様を別で描いておきます。
あまり綺麗に描きすぎると全体で見た時に違和感が出るので、 大きめのサイズで、緻密な線画は描かずに[鉛筆ブラシ]で大雑把に描きます。
こうした模様を色々作ってデータを保存しておくと便利です。

作った模様を貼り付け、[自由変形]でパースに合わせて変形させます。
曲面に合わせる場合は[選択範囲→メッシュ変形]を使い変形させます。

貼り付けたレイヤーは都度、塗りのレイヤーと結合します。
端の方で見切れる模様は直接描き込みます。

ある程度塗りを整えたら、線画レイヤーの上に新規レイヤーを作成し [鉛筆ブラシ]で線画を塗りつぶしながら細かい模様や装飾、テカリを描きます。

同じ装飾が続く場合は天井の模様と同じように、別のキャンバスで装飾を描いてから貼り付けます。
[線対称ブラシ][回転対称ブラシ]を使うと便利です。
[commandを押しながらクリック]で支点を決められるので、装飾の中心に支点を合わせると簡単に左右対称な装飾が描けます。

[自由変形]で装飾を貼り付け、その上に[新規レイヤー(加算・発光)]を作成し、 薄めのオレンジでハイライトを入れます。

線画を[色トレス]します。
(背景で使用した影の色よりも少し暗い色で塗りつぶし、なじませます。)

近景に使用したレイヤーをひとつに結合します。
加算・発光レイヤーは、そのまま結合すると効果が消えてしまうので [クリッピング]にチェックを入れてから結合します。

ここで一旦近景は終わりです。

中景も同じ手順で塗り、中景に使用したレイヤーをひとつに結合します。

空気感の演出

近景と中景に遠近感を出したいので、中景に薄っすらと青みを入れます。
まず中景の上に[新規レイヤー:クリッピング]を作成し、 紺色で塗りつぶします。

紺色で塗りつぶしたレイヤーを、[スクリーン:不透明度20%]表示にします。

[新規レイヤー:クリッピング]を作成し、より遠くに見せたいものにエアブラシで水色をうっすら乗せます。

[オーバーレイ:不透明度70%]表示にします。

[新規レイヤー(加算・発光)]で黄色の光を入れます。
今入れた光の、光源の反対側の外周をエアブラシでオレンジに塗ります。そうするとより自然な光になります。

近景にも同様の作業をしました。
もう少し色に重みを出したかったので、[中景のレイヤー(オーバーレイ)]を紫色に変えました。

全体を塗り終えてからもう一度光の具合などを調節するので、結合はしないまま置いておきます。

遠景の塗り

遠景を塗っていきます。
質感や窓枠など細かくは描き込まず、大まかに陰影を塗る程度です。
(窓枠は結合してから描き込みます)

今回は以前に描いたイラストを使います。

[新規レイヤー:クリッピング]にイラストを貼り付け、
表示モードを[オーバーレイ]にして不透明度を下げます。

色味を[フィルタ→色相]で好みの色味に変え、塗りレイヤーと結合します。

遠景は細かく描き込まないので、こうすることで色数が増えて塗りが楽になります。

線画と塗りのレイヤーを結合し、塗りを整えながら窓枠等細かいところも描き込みます。

近景、中景と同じように効果を入れていきます。
遠景のレイヤーの上に[新規レイヤー(スクリーン):クリッピング]を作成し、[グラデーションツール(タイプ:前景)]で水色を乗せ、不透明度を50%に下げます。

その上に[新規レイヤー(加算・発光):クリッピング]を作成して光を入れました。

あとで再度調節したいので、効果レイヤーは結合しないでおきます。

空レイヤーに空を描いていきます。
グラデーションツールでベースを塗ってから、[もこもこ水彩ブラシ:濃度30%]で雲を描きます。

これで背景は一旦終了です。

キャラの塗り

キャラの塗りでは基本的に[鉛筆ブラシ]を使い、[水彩(ソフト):濃度14%]で所々色を伸ばしながら塗っていきます。

イメージを固める為に、顔をまずしっかりと描いておきます。
背景の塗りと同様に、線画の上に新規レイヤーを作成して線画を塗りつぶすように塗っていきます。
修正したいところがあれば線画を無視して上から塗りつぶしていきます。
線画は馴染むように隣接する影より少し暗い色で[色トレス]します。

ハイライトを[新規レイヤー(加算・発光)]で描き入れます。

ハイライトの白をはっきり目立たせたいので、イラスト内に出てくる白いものは必ずグレーがかった黄色等で塗り、白色で塗らないようにします。

陰影を意識して塗り進めていきます。
キャラのメインカラーを青にしたかったので、赤や黄色など他の色をメインの青よりも彩度の低い色で塗っています。

メインにしたい色を一番彩度が高くなるように塗るとまとまりが良くなると思います。

細かい装飾は線画の上に作成したレイヤーに描き込んでいます。

ハイライトと同じレイヤーにおくれ毛を描き加えます。
おくれ毛は塗りのレイヤーをはみ出しているので、クリッピングはしません。

ハイライト以外のキャラのレイヤーを結合します。

刀を同じ手順で塗ります。
キャラの上に[新規レイヤー(加算・発光):クリッピング]を作成し、[エアブラシ]で光を描き入れます。
背景の効果レイヤーの微調整もしました。

仕上げ

中景の上と、一番上に新規レイヤーを作成し、ペンブラシで紙吹雪を描きます。

遠近感を出す為に、[フィルタ→ガウスぼかし]で紙吹雪をぼかします。
[投げ縄選択ツール]で、[shiftキーを押しながら選択範囲を囲む]と 同時に何箇所も選択できるので、ぼかしたい紙吹雪を複数選択します。
紙吹雪の位置によってぼかしの数値を変えると遠近感が出ます。
一番手前の紙吹雪には強めにぼかしをかけます。

ここまでが、メディバンペイントでの作業になります。
Photoshopを持っていない場合はここで終わっても大丈夫です。

[クリッピング]をかけていた各パーツレイヤーを結合して、 [紙吹雪・刀・キャラ・キャラのハイライト・近景・中景・遠景・空]のレイヤーのみにしておきます。
PSD形式で保存し、Photoshopに移動します。

Photoshopに移ると、[レイヤー(加算・発光)][レイヤー(覆い焼き(リニア)加算)]に変換されます。
[レイヤースタイル]を開き、[透明シェイプレイヤー]のチェックを外すと[レイヤー(加算・発光)]と同じ効果になるのでチェックを外します。

レイヤーごとにカラーバランスを[色調補正→カラーバランス]で好みの色味になるまで調節します。
画面手前は赤みを強く、奥は青みを強くすると遠近感が出ます。

遠景を複製し、[ガウスぼかし]をかけ不透明度を10~20%に下げます。
分かりづらいですが、輪郭が少しマイルドになり遠近感がより出ます。

完成イラストを見る

初心者にもうれしいベーシックなペンとマルチタッチ機能搭載のペンタブレットです。水彩画、絵画に「Intuos Art」、マンガ、イラスト制作に「Intuos Comic」、写真編集に「Intuos Photo」、3DCG制作に「Intuos 3D」、ソフトウェアが必要ない場合は「Intuos Draw」と表現したいクリエイティブから選べる5つのモデル、2つのサイズをそろえています。各モデルごとに無料ダウンロード版のクリエイティブソフトウェアや使用方法を解説する動画やチュートリアルなどを利用いただけます。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る