Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第152回/唯臣

第152回は、唯臣さんの登場です!CLIP STUDIO PAINTを使ったイラスト作成過程を紹介します。

唯臣
イラストレーター。
キャラクターイラストを中心に描いています。

ウェブサイト

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

大ラフ

最初の大ラフです。お正月をテーマに、うり坊を抱えているポーズにしました。

女の子の顔や着物、抱えているうり坊を良く見せたいので、やや俯瞰した構図にしてみました。

「煽り」と「俯瞰」について

構図といってもポーズやアングルなど様々です。正面のキャラクターのアングルを変えるだけでもかなり変わってきます。

[俯瞰]とは高い位置から見下ろした構図、[煽り]とは低い位置から見上げた構図のことです。

効果としては、俯瞰は頭が強調されるので顔を良く見せたい時や高さを出したい時、煽りは見下ろされるような形になるので迫力を出したい時などに効果を発揮します。

俯瞰や煽りの角度は大きければ大きいほど難易度が高いため、今回の絵のように少しだけでも雰囲気を変えることができます。構図を作る際には何を見せたいか、どんな印象を持たせたいかを考えながら描くことが重要です。

最終的なラフ

大ラフを元に細かく修正しつつ描き進めていきます。

ラフで雰囲気が決まるので納得がいくまで修正します。キャラクターのシルエットは大切なので、ラフ制作の時はグレーなどで塗りつぶし、縮小などで遠くから確認してバランスを見ながら作業すると良いです。また自由変形ツールはラフ修正時に便利です。

うり坊のサイズやポーズなどの変更、トリミングなどを行いました。

線画

ラフからすぐ線画作業に入る際は、時間に余裕があれば1日ほど寝かせます。

同じ絵を眺め続けていた目がリセットされるため修正箇所に気付きやすく、寝かせることでクオリティが上がることが多いです。線画を描いた後だと修正が大変なので、なるべくラフのうちに気付けるようにします。

ラフの不透明度を15%ほどまで下げ線画を描いていきます。

ペンの大きさは8~12pxです。

線画のペンで愛用しているのは下のURLからダウンロードしたものです。

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1708599

線画は隙間を開けたり、強弱をつけることでメリハリがつき、硬い線画の印象はなくなります。後から調整する可能性があるのでなるべくレイヤーを分けながら作業します。

今回の扇子のような直線が多いものはツールを使ったほうが綺麗に描けます。直線の線はShiftキーを押しながら描くと直線ツールをショートカットして使用できます。ショートカットは覚えておくと作業時間の短縮に繋がります。

完成した線画

瞳の輪郭は描かない描き方なので塗りつぶしてあります。

塗り分け

線画作業の際に、線と線の開いた隙間は埋めてから色分けに入ります。

色は後からじっくり決めるのであまり考えずに適当に色を置いていきます。塗り分ける際に背景を蛍光色など派手な色にして塗り分けをすると塗り忘れに気づきやすいです。

デフォルトのバケツツールだと塗り残しや線画の下まで濡れないことがありますが、隙間なく囲って塗るツールを使うととても時短できておすすめです。

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1643346

色決め

うり坊は茶色、髪は黒髪にしたいと決めていたので色決めのメインは髪飾りや着物の色や柄です。最終的にこの3つまで絞り、3つ目のグレーに決定しました。

配色のセオリーについて

これは有名な3つの色相配色です。

配色によって温度や重さ柔らかさなどのイメージが変わってきます。

・補色色相・・・色相の真反対側の色同士。強いメリハリがつくが派手になりやすい
・類似色相・・色相の近くの色同士。画面が落ち着いたイメージになる
・中差色相・・色相の90度離れた色同士。補色ほど強すぎないメリハリがつく

色数が多いのは難易度が高いので慣れないうちは色相配色を使った2~3色がやりやすいです。

複数の色を使う場合どの色も同じ割合でつかうのではなく、1つのメインカラーが画面の大きい割合を占めると見栄えがよくなります。

(今回の場合は着物の地の色です) 黒、白、グレーなどはどの色とも合うので迷ったらこの色にする決め方でも良いでしょう。

私は黒で全体を引き締めるのが好きなのでよく黒を使います。今回は帯や髪の毛の黒で画面を引き締めました。最近は配色見本帳なども書店などで販売しているので、色に自信がない人はそれを参考にするのもオススメです。

光源決め

色が決まったので次は光源を決めます。

新年をイメージして光は強めにしたいと考えながら光源の候補をあげていきます。

1枚目の左うしろの光源は少し暗いと感じたため2枚目の真上の光源に決定です。

背景にも色をおき、具体的な完成イメージが見えてきました。

本格的な塗りに入る前に、色決めで決めた色を元に簡単な柄をつけていきます。

扇子の金箔の花柄と、着物の柄の一部である葉はCLIP STUDIO ASSETSのブラシを使用しました。

肌の塗り

影、光も全て通常レイヤーで塗っていきます。肌は最初にグラデーションで影をつけると柔らかくなります。影を置いてぼかすを繰り返していき、最後に光を入れました。

私の塗りの基本的な手順は、Gペンツールで塗る→ぼかしツールを使用しぼかす、をひたすら繰り返しています。

塗る作業全てに共通するポイントで、影の色は3色以上使うことを心がけると良いでしょう。影を複数用意することによりイラストに深みや重みが出ます。
影の数は複数の方が正しいというわけではなく、ラフな印象なイラストが理想なら影は一色にするなど、好みで変えてください。

髪の塗り

全て通常レイヤーで塗っていきます。最初に髪に光を落とし、その上から影を描いていきます。肌と同様に、影は3色以上使用すると深みが出ます。

光が強く当たっているであろう部分に白で光を描きます。

最後にエアブラシで軽く薄い黄色を頭頂部にいれています。

今回は強い光が全身に入っているので、顔や髪の毛、服などの光の強さがバラバラにならないように気をつけました。

服の塗り

着物の柄を立体的にしてなじませるため、メッシュ変形を使用します。

変形させたい柄を選択し[編集→変形→メッシュ変形を選択]で変形させます。

デフォルトだと格子点数が4本のため、ツールプロパティから格子数を5本に増やしています。そうすることで、より精密に変形させることができます。

着物地の塗りに移ります。

影をつける際に柄は邪魔なので非表示にして影をつけていきます。

着物は柄があるので乗算レイヤーで影をつけます。影を塗るときは素材の硬さを意識します。着物は他の衣服と比べて硬いので、しなったような影はあまりつけないようにします。

着物はグレーにするつもりでしたが赤みがあったので、新規色補正レイヤーの[色相・彩度・明度]で彩度を落としました。

着物の柄を表示させ、影をつけた乗算レイヤーの下に移動させます。右腕の振袖は奥にあるので寒色をオーバーレイで軽く入れました。

続いて肌や髪同様に、肩や振り袖の裾のあたりに通常レイヤーで白いハイライトを入れます。光の面積は多すぎず少なすぎずを意識しました。

加筆と仕上げ

一番上に通常レイヤーを作り、さらに影を描き深みを出したり線を潰すなどして加筆していきます(01が加筆前、02が加筆後です)

最後に新規色補正レイヤーで[トーンカーブ][明るさ・コントラスト][カラーバランス]を調整し完成となります。

完成イラストを見る



作品との一体感を保ちながらダイナミックに制作できるWacom Cintiq Pro 24は世界トップクラスの色精度とペンの追従性を実現するプレミアムな4K対応の液晶ペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る