Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第155回/中野

第155回は、中野さんの登場です!ペイントツールSAI、Photoshop CS6を使ったイラスト作成過程を紹介します。

中野
イラストレーター・イラスト講師。

カラフルでポップなイラスト、少し懐かしいテイストのデザインなどが好きです。

ウェブサイト
pixiv

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

構図決め

メインの作画はSAIで行っていきます。

今回のテーマは新学期で、明るい色調で春らしく楽しい雰囲気にしたいと思います。

新しいものに溢れた新学期のワクワク感をイメージして、小物をたくさん配置したにぎやかな構成にします。

まずは構図から考えていきます。


初めに画面を4等分、8等分…と分割したり、中央から放射線を引いたりして適当な分割線を引き、構図づくりの補助線とします。

今回の構図の大まかな配置です。

中央から伸びる放射状の補助線を大体の目安として、図形を組み合わせていくようなイメージで人物や小物を配置します。

今回は円の中に大きな三角形を重ねた中にメインキャラを置き、少し浮遊感を持たせました。

髪の流れや小物の配置も、線の流れに合わせたり線が交差するポイントに配置したりしています。

イメージが浮かびにくいときなどは、補助線から生まれる図形や線を指標にして構図を考えることが多いです。

人物・背景などで色分けして、筆ツールでラフを描きます。

にぎやかな雰囲気にしたいので、文房具などのたくさんのアイテムを描き込んでいきます。

キャラクターのプロポーションなどもここで大体決めます。

下描き

ラフの不透明度を30%ほどまで下げて下描きフォルダを作成し、より細かい下描きを描いていきます。

線画の時に作業が進めやすいよう、なるべくしっかり下描きを整理しておきます。

キャラの服はまず何も着ていないアタリを作ってから描き込んでいくと作業しやすいです。

大体の色もこの時点で決めます。

桜をイメージしたピンク色を中心に、カラフルな色使いでにぎやかなイメージにしていきます。

小物同士の色が被らないよう、カラーサークルを利用して様々な色を選んでいきます。

部分によって赤と緑、青と黄のような補色同士の色を使ったり、同系色のグラデーションを使って変化を持たせたりします。

線画作成

下描きの上に新しくレイヤーを作成し、線画を起こしていきます。

線画の際は、SAIの[通常レイヤー][ペン入れレイヤー]を使い分けて作業をします。


ここからアイテムの中のスニーカーの描き方を例に、[ペン入れレイヤー]での手順を説明します。

[ペン入れレイヤー]はいわゆる[ベクターレイヤー]と同じもので、 SAIの[曲線][直線]や、[筆圧][制御点]などの、線を調整できる様々な機能が使えます。

簡単なラフを描いてから[ペン入れレイヤー]を作成し、 4~6pxほどの[曲線]ツールを使ってスニーカーの線画を描いていきます。

曲線ツールを使うと、ドロー系ソフトのベジェ曲線のようにすっきりとした綺麗な線を描くことができます。

輪郭線はしっかり太めに、細かい線や内側の線は少し細くするとメリハリの効いた線が作れます。

[筆圧]ツールを選択すると、ペン入れレイヤーで描いた線の太さを後から調整することができます。

細くしたい部分のポイントを選択し、左にドラッグすると線が細く、右にドラッグすると太くなります。

これを使って線の端に抜きの処理をします。

[制御点]ツールを選択すると、ペン入れレイヤーで描いた線を移動したり複製したりすることができます。

描くのが大変な靴ひもの部分は[ストローク複製移動]を使って線を複製すると、楽に描けます。

同様に奥のスニーカーも描き、[修正液]で不要な部分を消せば、スニーカーの線画の完成です。

同じように[ペン入れレイヤー]を作成して小物の線画を描いていきます。

小物は後でキャラクターで隠れる部分も描いておきます。

ペンタブレットなどは向かい合う線が平行になるように、形を意識してペン入れします。

人物の線画は[通常レイヤー]で描いていきます。

7pxほどの筆ツールで、顔や体でレイヤー分けしながら女の子の線画を作成します。

レイヤー分けしておくと後で部分的に修正するのが楽になります。

色を塗る前に線で強弱をつけるだけでも立体感が出てくるので、強弱のある柔らかい筆づかいで描いていきます。

また、色を塗る際に選択範囲が簡単に作れるように、線の隙間はなるべく閉じておきます。

同じように[通常レイヤー][ペン入れレイヤー]を使い分けながら線画を完成させます。

人や植物などは通常レイヤーで、工業製品など形の決まっているものはペン入れレイヤーで作業することが多いです。


また、ここまでの工程で[キャラクター][小物][背景]でフォルダを分けておきます。

フォルダごとに線画や塗りのレイヤーをまとめておくと、後からキャラクターだけ位置を動かしたり小物を削除したりといった調整がききます。

着色

ラフを参照しながら、選択ツールを使ってパーツごとに色分けしていきます。

色分けしたレイヤーはそれぞれ[不透明度保護]にチェックを入れて、色がはみ出さないようにします。

ベースになるレイヤーの上にクリッピングレイヤーを作成し、 合成モード[乗算]、画材効果[水彩境界](幅3、強さ50)に設定します。

これがこの後ほとんどの影塗りに用いるレイヤー設定になります。

境界線があると少しエッジの効いた印象になり、パキッと鮮やかな塗りになるかと思います。


ここでは髪の毛の塗りを例に、筆ツールを使って少しくすんだピンクで塗りムラを作らないように影を塗っていきます。

影は基本的にベースの色の明度・彩度を少し落として、色相を少しずらした色を使いますが、 明度が低すぎると影だけ浮いてしまったり、彩度が低すぎると重なった色が濁ってしまったりするので、 実際に色を重ねてみて違和感が無い程度の色味を見つけます。

濃度80%ほどのエアブラシを使って少し境界をぼかします。ブラシの固さは一番柔らかい設定です。

筆で塗っただけの状態より少し柔らかで立体感のある印象になります。

エアブラシで色を透明色にして消しゴムのように使います。

影の塗りは[筆で塗ってエアブラシで境界をぼかす][筆で塗って透明色エアブラシで消す]を繰り返します。

クリッピングレイヤーを作成し、筆ツールで髪の流れに沿ってハイライトを塗ってから、 エアブラシで色を透明色にして片側をぼかします。

つやつやした髪の質感を出すように筆を動かします。

上記までの髪の彩色を、同じように肌や目、服などにも繰り返して塗っていきます。

ピンク・ブルー・パープルなどでセーラー服や小物の色をまとめます。

スカートのひだの立体感、靴やカバンの質感などにも注意しながら塗っていきます。

全体の塗りが整ってきたら線画レイヤーの不透明度保護にチェックを入れ、 線画と塗りが馴染むように線画の色を赤茶系に変更します。

顔周りの線画は少しくすんだ赤色でまつげや顔の輪郭をぼかします。

また、目は球形を意識して丸いハイライトを入れています。瞳の輪郭は少しぼかして馴染ませます。

肌の影は特に色が濁らないように、少し彩度が高いピンク寄りの色にしています。

メインの女の子の塗りが完成しました。

同様に小物の着色も進めます。

小物は数が多いので、隣り合う色が同じレイヤーにならないよう塗り分け、 それぞれ選択ツールで範囲選択しながら個別に色を塗っていきます。

影やハイライトなどをクリッピングして、小物の塗りも完成させます。

エアブラシで液晶ペンタブレットの枠部分の光沢感を出します。

小物の塗りが完成しました。

桜やリボンを描いた背景と小物・キャラのレイヤーを合わせます。

全てのレイヤーの上にフォルダを作成し、キラキラした光の粒のような効果や星の効果を加筆します。

華やかなイメージにするために紙吹雪の表現を描き入れます。

紙吹雪は流れを表現するため、全て1枚ずつ描きます。

これでメインの作画工程はほぼ完了です。

加工(SAI)

全体の色味の調整やテクスチャの追加をおこないます。


新規レイヤーを作成し、くすんだ赤茶系で塗りつぶした後合成モードを[オーバーレイ]にします。

全体の色味に統一感が出ました。

少し背景の質感が寂しい印象だったので、テクスチャを追加します。

別途制作した星雲のレイヤーを背景のベースの上に載せ、合成モードを[オーバーレイ]にします。

キラキラしたポップでかわいらしい雰囲気の背景になりました。

加工(Photoshop)

ぼかしなどの加工はPhotoshopでおこないます。

SAIでjpg出力したデータをPhotoshop CS6で開きます。

ここでは全体的にソフトな質感にするため仕上げをしていきます。


画面の一部にぼかしをかけます。

元絵のレイヤーを複製し、[フィルター][ぼかし][虹彩絞りぼかし]を選択します。

ぼかしの円をドラッグして調整し、画面の端のほうが少しぼけるように調整し[OK]を押します。

ぼかしたレイヤーの不透明度を60%に調整して元絵に重ねます。

周りが少しピントがぼやけたような印象になりました。

より見てほしい画面中央にピントが合い目が行くようにします。

次に画面全体に[グロー効果](作品全体が光を放っているように見せる効果)を与えるぼかしをかけます。

元絵のレイヤーを複製し、[イメージ][色調補正][レベル補正]を選択します。

[入力レベル]を調整します。

シャドウと中間調のレベルを一番右のほうまで移動させると、コントラストがはっきりした状態になります。

暗い部分は真っ黒に、明るい部分は真っ白になるくらい差がつくように調整できたら[OK]を押します。

[フィルター][ぼかし][ぼかし(ガウス)]を選択し、適当な値を入れて全体をぼかします。

ぼかしの度合いが強いほど光の拡散する範囲が広くなります。

レイヤーの合成モードを[スクリーン]に設定します。

ふわっと発光したような効果が出ました。

少しぼかしの効果が強すぎるので、不透明度を30%ほどに下げます。

柔らかな発光具合になりました。

完成

引きで全体をチェックして、気になるところは微調整を加えたら、イラスト完成です。

完成イラストを見る

表現力、操作性、全てが進化したWacom Intuos Proはクリエイターのひらめきを直感的に表現する進化したWacom Pro Pen 2を搭載。これまでにない自然なクリエイティブを実現します。 新たにラインアップしたWacom Intuos Pro Paper Editionは紙に描いてデジタルで仕上げる制作スタイルをバックアップします。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る