Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第156回/玉川 鴇弥

第156回は、玉川 鴇弥さんの登場です!CLIP STUDIO PAINT EX、Photoshop CCを使ったイラスト作成過程を紹介します。

玉川 鴇弥
漫画のアシスタントやイラストで活動中。

Twitter
pixiv

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

CLIP STUDIO PAINTで描いていきます。

テーマは鯉のぼりと男性キャラクターのいるシーンにしました。

配色や明暗のイメージもつかむためにカラーで描いていきます。
同じ向きにたくさんのものが並んでいるので、パース定規を使ってガイドを取っています。
とはいえ、細かい形などはあまり気にせず、描きたいイメージを優先して描いていきます。
今回のようにワンシーンを切り取ったイラストは、見た人がその前後を想像できるように意識しています。

青空が画面の多くを占めるので、メインキャラクターは暖色でまとめました。

清書の際にそのままラフの絵を使って描き進めていくこともあるので、レイヤーは大まかに分けています。
今回は、キャラのほかに、「空」「雲」「地面と木」「鯉のぼりのベース」「鯉のぼりの色」「鯉のぼりをつるしている紐」「川」「水しぶき」「ゴーストフレア(太陽光を感じさせるエフェクト)」「パーティクル」に分けています。

画面のコントラストのバランスや、同じ明度のパーツが隣り合っていてシルエットがわかりにくくなっていないかを確認します。
明暗を確認する際はレイヤーの一番上に無彩色(彩度0の任意の色)で塗りつぶした新規レイヤー(レイヤーモード:カラー)をおいて、モノクロで確認すると便利です。
輝度で明暗を付けている状態なので、人の目で見た時の印象と同じ明暗になります。
色調補正で彩度を0にすると、純粋に彩度の値で調整されるため、同様の結果を得られません。

のちの作業中も度々モノクロにして確認をするので、毎回レイヤーを探さないで済むように、このレイヤーは一番上に作成し、レイヤーウィンドウを2ペイン(左上のアイコンをクリック)に分けて常にカラーレイヤーを出しておきます。

線画

ラフのフォルダの上に新規レイヤーを作成し、線画を描きます。
線を整えるとラフの時点で持っていたイメージとずれてしまうことがあるので、サブビューにラフを表示して、確認しながら書いていきます。

自然な線を描きやすいように、画面を回転しながら描き進めます。

手前にあるパーツやキャラのアウトラインは太目、しわなどのシルエットの内部にある線は細めに描きます。

色分け

色用のレイヤーフォルダを作成し、ラフを見ながら1パーツ1レイヤーでキャラクターの色分けをします。
鯉のぼりのように柄の入るものは柄の無い状態で塗り分けておきます。

塗り進める前に、ラフから背景部分のレイヤーを清書用に持ってきます。

また、「キャラ」というレイヤーフォルダを作成して、キャラの線画と色のレイヤーフォルダはまとめておきます。

キャラの色塗り1

キャラクターに影を入れます。
色分けしたパーツレイヤーごとに新規レイヤーをクリッピングして影を塗っていきます。まずは肌からです。

ベースの色よりも、色相を青側にずらして、彩度を少し上げた色を入れます。
首下や服の袖の下などの影が落ちている部分は、固めのペンではっきりと塗ります。
腕や脚のように円柱(もしくは円)になっていることで光が当たらない部分は、やわらかいブラシで色を置いていきます。
私は、ダウンロードした油彩ブラシとデフォルトの柔らかいエアブラシを不透明度7%まで下げたものを使っています。

色を置き終わったらぼかしツールや色混ぜツールを使ってなじませます。
色混ぜツールは、好みのタッチを出すために、ブラシ先端をCLIP STUDIO ASSETから配布されている「フラット」ブラシのものに変えています。

配布ページ:https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1358977

逆に、よく光が当たる部分には、色相を黄色側にずらして明度を上げた色を入れていきます。
こちらも、調整がしやすいように新規レイヤーを作ってクリッピングしています。

塗り終えたらレイヤーの不透明度を下げて薄くしておきます。今回は30%くらいに下げました。

肌を一通り塗り終えた状態です。

他のパーツも同様に塗っていきます。
先ほど紹介した改造している色混ぜツールは、透明な部分から色が置いてある部分に向かってストロークすると、筆致を残した状態で照り返しのような明るい部分を作りやすいです。

キャラクターをいったん塗り終えた状態です。
鯉のぼりは、ベースに新規レイヤーをクリッピングして柄を入れ、その上に乗算モードの新規レイヤーを作成して影を入れました。

背景の塗り

背景はラフをブラッシュアップする形で描いていきます。
上空の鯉のぼりを整えるために、集中線ツールでパースガイドを作ります。

デフォルトの[密な集中線]を複製して、パースガイド用に設定を変更しています。
線の間隔の乱れと基準位置のずれをOFFにして、線画が均等になるように設定しています。

この時に、鯉のぼりを吊るしている紐を描きなおしました。遠くのほうが薄くなるように筆圧で調整しています。

鯉のぼりの形を整えていきます。
鯉のぼりの色のレイヤーを非表示にして、ベースのレイヤーだけで作業します。
パースガイドを参考にしながら、描き足したり透明色で削ったりしながら形を作ります。
筆圧で濃淡が変わるブラシを使って、遠くは薄くなるように描きます。

色と柄を入れました。柄は手前のものにのみ入れます。手前に比べ遠方の情報量が少ないと遠近感が付きます。
あくまで背景なので、キャラクターと比べて彩度とコントラストを低めにします。

地面と遠景の木を描きます。
どちらも仕上がり時にはほとんど見えなくなるので、ディティールは気にせず、シルエットと明暗の繰り返しを意識して描きます。

雲と鯉のぼりに影を入れて、川に水を張りました。
雲は比較的厚みの無いものをイメージしているので影は薄めにします。
川はキャラのレイヤーよりも上にラフ時に作成していた「川」レイヤーを持ってきて整えました。
白に近い水色を加算レイヤーで塗って、不透明度を60%ほどにします。それを柔らかい消しゴムで削って透明感を出していきます。

キャラクターと背景に距離感を出すために、背景のレイヤーの上に水色のスクリーンレイヤーを作成しました。
不透明度は10~20%ほどにします。空気遠近法の考え方です。

水の塗り

水しぶきや水滴など、水に関する部分を描きこんでいきます。
水しぶきと川の反射は、「川」のレイヤーの上に新規レイヤーを加算で作成して描きこみます。
川の反射は、川の流れがわかるように、流れる方向に筋を付けるように描きます。
水しぶきは、描いた後に、[放射ぼかし]フィルターを使ってブラーを付けました。

メインキャラクターのズボンの裾や手前のキャラクターの服は水に濡れているだろうと思いますので、それぞれ乗算で水染みを作ります。

肌についた水滴を描きます。
濃い目の色で水滴のシルエットを描きます。流れる先端部分は張力で丸みを帯びています。
水が伝った跡の部分は先端ほど水が残っていないため、薄く描きます。

描いたレイヤーをハードライトにします。
下の色を影響させながら濃い色にしたいので、乗算モードでもよいのですが、
水の明るい透明感を表現するために、ハードライトやオーバレイなどがおすすめです。

水滴のレイヤーを複製して、色調調整で明度を上げます。
レイヤーモードを加算にして、濃い色が陰に見えるように少し位置をずらします。

明るいほうのレイヤーの内部を消して透明感を出します。
円形のハイライトと輪郭線を残しておくと、デフォルメされている水だと分かりやすいです。
影部分のレイヤーは絵に合わせて不透明度を60%にしました。

地面にキャラクターの影を入れました。
キャラクター以外の塗りは一旦完了です。

キャラの色塗り2

画面が一通り塗られたのでキャラクターを仕上げていきます。
2影やライトを入れて整えていきます。

まずは2影です。
すでに塗ってある影と同様に新規レイヤーをクリッピングして塗ります。
パーツ同士接している部分や裾の奥など、より光が入りにくい部分を彩度の低い色で塗ります。

線画を絵になじませるために茶色に変更しました。

ライトを入れます。ハイライトと環境光・反射光を入れていきます。
パーツごとではなくキャラのレイヤーにまとめて入れるので、レイヤーマスクを作成します。
キャラ」のレイヤーフォルダのアイコンを[Ctrl+Shift(Mac/iPadはCmd+Shift)]を押しながらクリックします。
すると、フォルダ内の全レイヤーを対象としたシルエットが選択されます。

選択された状態で、[レイヤー]メニューから[レイヤーマスク][選択範囲外をマスク]を選択しし、ライト用のフォルダにマスクを作成します。

ハイライトは明るい黄色、環境光は水色・青を入れます。

これは、ハイライト部分には太陽光の黄色がかった明るい光が直に当たっていて、環境光・反射光の部分には、近くのものや空気中のちりなどで拡散した青い光が当たっているためです。

反射光は近くのものの色に影響されるので、近くに赤いものがあれば赤く、緑のものがあれば緑になります。

影を青側に色相をずらした色で塗ったのもこのためです。本来、全く光の当たらない場所は黒になります。

しかし、普段目にしている影が黒でないのは、環境光の影響です。そのため、青空の下では影は青っぽくなります。

2影を彩度の低い色にしたのは、「ほとんど光の当たらない部分」であるため、青い光の影響が弱くなるためです。

ライトのレイヤーモードはスクリーンにしました。

ハイライト、環境光・反射光を入れた状態です。
加えて、メインキャラクターはやや前傾姿勢なので、胴の前面などのかげになっていると思われる部分にオーバーレイで明度低めの青を入れました。

画面全体の仕上げ

画面全体を仕上げていきます。

より距離感を出すために、空の部分の上にスクリーンレイヤーを足しました。

ここからは、すべてのレイヤーの上に仕上げ用のレイヤーフォルダを作成して作業します。

画面の右上から陽が当たっているので、黄色の加算レイヤーをグラデーションで入れます。
逆に下から濃い青のオーバーレイレイヤーをグラデーションして、上よりも下が暗くなるようにします。

ゴーストフレアやパーティクルを追加します。陽の当たるきらめき感を出しつつ画面密度を上げます。

画面に明暗の繰り返しを増やしたいと思ったので、上空にある鯉のぼりの落ち影を想定して影を足します。
陽の当っている部分のライトは少し強くしました。

近景を増やしたいと思ったので紙吹雪を描き足しました。
手前にだけあるとおかしいので、遠景にも足しています。水に溶けて土に還る環境にやさしい再生紙です。

キャラクターにピントを合わせるために近景と背景をぼかします。
今回は、

・人はキャラクターの顔に目が行きやすい
・画面内の粗密に差がある部分に目が行きやすい(背景や近景はパーティクルなどで似たような繰り返しによって密度が高いが、キャラクターの顔周りは密度を低くしてある)
・コントラストの高い部分に目が行きやすい
・ピントが合っている部分に目が行きやすい

ということを意識して画面をまとめています。

すこし色調を整えてから表示レイヤーのコピーを結合してPhotoshopに移動します。
レイヤーを複製して[虹彩絞りぼかし]フィルターで画面の端のほうをぼかします。

ぼかしたレイヤーに色収差(RGBぼかし)をかけます。ピントの合っている部分には色収差が掛かってほしくないので消しゴムで消します。
今回、誤ってそのまま消してしまいましたが、のちに修正できるようにレイヤーマスクで消したほうが良いです。

色収差は、オートアクションなども配布されていますが、手動でかける場合の方法を記載します。
(例はCLIP STUDIO PAINTです。Photoshopでは下記の方法ではなくチャンネルを使います)

①色収差を掛けたいレイヤーを統合して3枚に複製します。(透明部分があると色が濁るので透明部分がないように統合してください。)

それぞれのレイヤーの上に、R255、G255、B255のレイヤーを乗算で作成してクリッピングします。
色を選ぶ際は、[カラースライダー][RGBスライダー]で255以外の値は0になるようにしてください。

②クリッピングしたレイヤーをそれぞれ結合します。3枚になったら、一番下のレイヤーは通常、上二つのレイヤーはスクリーンにします。すると、元の絵の色味に戻ります。

③上二つのレイヤーをそれぞれ全選択してレイヤーをずらします。これで色収差の完了です。

一部のみに適応したい場合は、この3枚のレイヤーをフォルダにまとめてフォルダのマスクで不要な部分を消します。

最後に、絵が小さくまとまりすぎたと思ったので[レンズ補正]フィルターで少し前に出します。
これで完成です。

完成イラストを見る



作品との一体感を保ちながらダイナミックに制作できるWacom Cintiq Pro 24は世界トップクラスの色精度とペンの追従性を実現するプレミアムな4K対応の液晶ペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る