Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第160回/晴瀬ひろき

第160回は、晴瀬ひろきさんの登場です!CLIP STUDIO PAINT EX、PhotoshopCCを使ったイラスト作成過程を紹介します。

晴瀬ひろき漫画家/イラストレーター。
著作は「私以外人類全員百合」(KADOKAWA)、「魔法少女のカレイなる余生」(芳文社)など。
他に児童文学挿し絵や、カードゲームイラストなど。

WEBサイト

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1.ラフ

ラフを描きます。

ラフの時点でコンセプトと色をできるだけはっきり決めます。

今回は秋らしい絵を描きたいということで 「雨上がりと紅葉」というコンセプトにしました。

紅葉の色と人物の両方を無理なく見せられるような構図を意識しています。

2.線画

線画はラフの色を薄くしてその上に描いていきます。

今回のイラストで使用するペンは、ダウンロードした [オイルパステル]をカスタムして使っています。

また、目などのポイントとなる部分は線画作業の時点で先に塗りを進めておきます。

こうする理由は2つあり、今回は黒目部分の線画は描かないためと、ポイントとなる部分は最初から色が決まっていた方が線画作業がやりやすいためです。

パーツごとに線の色を後から変えるため、髪、服、装飾品などで線画を分けています。

3.パーツ塗り分け

髪や服など、パーツごとにブラシで塗り分けていきます。

また、線画の色をそれぞれに馴染むような色に変更します。

4.キャラの塗り

キャラの基本的な塗りをします。

今回は背景も見せたいため、キャラはあまり凝った塗り方にはせずに、パーツごとに1、2段階の影を付けるくらいにとどめました。

髪は多少情報量が多い方が見応えが出るので、塗りの段階を増やしています。

5.素材つくり

紅葉の葉を描きます。

別のキャンバスを作り、実際使うサイズより多少大きめに描きます。

バリエーションがあった方が自然になるので、数パターンあるのが望ましいです。

描き終えたら、[編集][素材登録][画像]を選択し、ブラシ素材として登録します。

登録後に新しいブラシを作り、 [サブツール詳細]画面から[ブラシ形状][ブラシ先端]を選択し、先ほど素材として登録したブラシを読み込みます。

これで描いた画像を、大きさや密度、角度などを自由に調整したブラシとして使うことができるようになります。

6.背景

背景を描いていきます。

まずは枝を描きます。

枝に合うように先ほど描いた葉を配置していきます。

[編集][変形][拡大・縮小・回転][自由変形]などを使っています。

(ここではサイズの大きな葉を作るので、ブラシツールは使っていません)

また、雨上がりをイメージしているので、枝や葉に付いた水滴も描きます。

次に細かい葉を描きます。

先ほど作ったブラシで、描画→色調補正で色を調整、を繰り返しています。

また、以前に作った別の紅葉ブラシも併用しています。

ブラシで葉などを描画する際は、設定で [向き][線の方向]にし、実際に葉の茂っている方向をイメージしながらペンを動かし描いていきます。

さらに奥の紅葉は色だけで塗りつぶし、奥行きが出るようにしています。

7.仕上げ

・光の表現

ただ塗っただけでは奥行きが乏しいように見えるので、円グラデーションツールで光を描き、レイヤーモードを [覆い焼き(発光)]にし、全体の色を調整します。

また、キャラクターにも [覆い焼き(発光)]のレイヤーを数枚重ね、背景に馴染ませます。

さらにキャラクターの明るさ・コントラストやトーンカーブを調整し、より背景に馴染むようにしていきます。

・ぼかし1

遠近感を出すために、背後の紅葉を少しぼかします。

[フィルター][ぼかし][ぼかし]を使っています。

・ぼかし2

さらにぼかしを描画するため、PhotoshopCCに移ります。

キャラクターは顔付近はあまりぼかしたくないため、画面の端周辺を主にぼかします。

ここで使うのはPhotoshopCCの [虹彩絞りぼかし]です。

[フィルター][ぼかしギャラリー][虹彩絞りぼかし]) この機能ではぼかす範囲を任意で決められるため、ぼかしたい範囲が決まっている場合に便利です。

・ぼかし3

背後の紅葉のぼかしをさらに調整します。

まず背景レイヤーのみを表示し、 [選択範囲][色域指定]を選び、ハイライトを選択します。

これで明るい部分だけが選択された状態になるので、そのまま[フィルター][その他][明るさの最大値]を選びます。

これで写真で言う[玉ボケ]のような効果が作れます。

このイラストでは自然に馴染むように部分的に消しゴムをかけたりしています。

・輪郭の調整

輪郭に少し効果を入れたいので、 [フィルター][表現手法][輪郭検出] を選択します。

できた画像を選択した状態で[選択範囲][色域指定]→シャドウを選択します。

選択ツールを選択し、右クリック→ [選択範囲をコピーしたレイヤー]を選択します。

これでできたレイヤーを色・サイズを変え、元のイラストの上に乗算で乗せました。

・玉ボケの描画

最後にCLIPSTUDIOに戻り、雨上がりをイメージしながらブラシで玉ボケを描画しました。

完成です。

完成イラストを見る



作品との一体感を保ちながらダイナミックに制作できるWacom Cintiq Pro 24は世界トップクラスの色精度とペンの追従性を実現するプレミアムな4K対応の液晶ペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る