Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom One
  • Wacom Intuos Pro
  • Wacom Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • イラストテクニック
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • ペンタブレット活用事例
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第178回/咲小梅

第178回は、咲小梅さんの登場です!
CLIP STUDIO PAINT EXを使ったイラスト作成過程を紹介します。

咲小梅 咲小梅(さきこうめ)と申します。 ファンタジーイラストを得意としています。

ウェブサイト
ポートフォリオサイト

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

キャラクターデザイン

はじめに、今回描くキャラクターのイメージを膨らませます。

今回は季節感のあるテーマということで『和洋折衷なお雛様』としました。

キャラクターの顔や性格をまず想像することによって構図が浮かびやすくなります。
キャラクターをデザインするのが好きな人にはおすすめの方法です。

まずは雰囲気をつかむため顔辺りを落書きしましたが、自分がその時描きたいなと思ったものを自由に描いて想像を膨らませます。

次に衣装をデザインします。

お雛様の衣装は十二単です。
複雑で難しいので、いきなりデザインするのではなく、資料をよく見ながらまずは基本となる本来の十二単を描いていきます。

全体のバランスを見ながら、基本の十二単を今回のテーマに沿って描き変えていきます。

ここで全体の色味も一緒にデザインしてもいいのですが、今回は十二単ということで色数が多く、背景とのバランスも一緒に考えたかったため、ここで初期デザインを終えました。

ラフ

ラフを描き始める前に、頭の中だけで大体の構図を考えます。

構図のテクニックなどもありますが、私自身はそういったも のから考え始めるのが苦手なので、まずは『自分自身がわくわくした気持ちで最後まで描き切れる!』という感覚になれる構図が思い浮かぶまで頭の中で考えます。

大まかに決定したら、ラフで描き起こしてみます。
わくわくして描けると思ったものは意外と構図がうまく行っていたりすることが多いですが、 場合によっては目線誘導などがおかしい時もあるので、そういったものをここで調整します。

今回は詳細を省きますが、
・三角形構図
・黄金分割
・目線誘導

など基本的なことを少しだけ知っておくと役立つかもしれません。

桃の花言葉を調べてみると、「私はあなたのとりこ」という花言葉があったので、お内裏様の座っている方の手のひらに桃の花を置きました。

キャンバスサイズを広げ、雪洞や遠くの桃の木などを追加します。

人物が見づらかったため線を整えて、簡単に色を置いていきます。

下描き

清書の時点で迷わないように、かなりしっかりと下描きをしていきます。

新規レイヤーを作成して、「レイヤーを右クリック→定規・コマ枠→パース定規の作成」でパース定規を作成します。

今回の構図では消失点が二つあるので「2点透視」を選択します。

アイレベル(横線の部分)を大まかに設定した後、奥行き(斜めの線部分)をラフに合わせます。
アイレベルと奥行きを調節していくと画像のようになりました。

※アイレベル(EL)=目の高さ。カメラを通して画面を見ていると考えるとわかりやすいです。

イラスト下部のパースがラフではかなりずれていたので、注意しながらパーツを箱として配置していきます。
見えない部分も描くことで、パーツの不自然な重なりなどを防ぎます。

先ほど作ったパース定規ですが、レイヤー名の左横にある定規マークを、使用したいレイヤーに向かってドラッグ&ドロップすることで再利用できます。
その方法でパース定規を使用しながら、パーツごとにレイヤーを分けて下描きしていきます。

屏風は山折り谷折りになっている部分をしっかり描くため、床部分に四角を描いて、対角線を使って中央を割り出しています。
×の真ん中の部分に谷折りが来るようにすると、屏風らしくなります。

背景の下描きはこのようになりました。
雪洞は桜の花びらをイメージした模様を描いています。

人物もしっかりわかりやすく描いていきます。
お雛様の資料を見返していて、扇は開いていた方がいいなと思ったので、扇部分を修正しました。

これで下描きは完了です。

線画作成

線画は主にベクターレイヤーを作成して鉛筆風のブラシを使って描いていきます。

※ブラシは「鉛筆5 混合」を使用しています。
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1640278

下描きに使用したパース定規や直線定規を利用して、パーツ毎にレイヤーを分けて描画します。
直線はshiftキーを利用して描画することもできますが、 定規を使用することにより線に抑揚をつけることができるのでおすすめです。

パーツの角などは、定規では敢えて描かないでおいて、フリーハンドで描画すると手描き感がより出やすいです。

雪洞は左半分を曲線定規を使って描いたあと、レイヤーを複製して左右反転し反対側(右側)に配置します。

すべてのパーツを描き終えたら、レイヤーごとにマスクをかけて重なって見えなくなる部分を消していきます。

背景の下描きが完成です。

次に人物を描いていきます。

下描きの不透明度を下げて薄く表示します。
背景の線画と同じくベクターレイヤーをパーツごとに作成して描画していきます。

描きやすいように反転してまず目から描いていきます。
まつ毛の真ん中のあたりを残しながら、目じりと目頭が濃くなるように線画を描きました。

顔のパーツを描き終えたら、ラスターレイヤーを新規作成してクリッピングします。
赤茶色でレイヤーを塗りつぶして線画の色を変更しました。

同じように他のパーツのベクターレイヤーも作成して、先ほどの赤茶色で塗りつぶしたレイヤーをコピーし、それぞれにクリッピングしていきます。
これですべての人物のパーツが同じ色で描画されます。

再度「顔」の塗りつぶしレイヤーを選択します。
目頭と目尻、口を濃い赤でふわっと塗って色味を調節しました。

次に、先ほど作成した「体」のベクターレイヤーに下描きの通りに描画していきます。
右手を大きく描きすぎたなぁと思ったので、投げ縄ツールで手の部分だけ選択し拡大縮小ツールで小さくしました。

髪も同じように描画していきます。

髪を描いてから頭の飾りを描いて、重なった部分はベクター用消しゴムツールで消しました。
ベクター用消しゴムの設定を「ベクター消去→交点まで」にてしておくと、線の重なった部分までだけを消してくれるのでとても便利です。

最後に扇を描いていきます。
少し下描きが変だと感じたので無視して直線定規を配置しました。
弧の部分(扇の上部分)はフリーハンドで描いていきます。

扇の装飾部分も描いていきます。
重なった部分は同じくベクター用消しゴムで消します。

フリルを描くときのコツは単調になりすぎないことです。
風や人物の動きに合わせてフリルにも動きをつけます。
アオリと俯瞰をうまく組み合わせるとかわいいフリルになります。

最後にレイヤーマスクを作成し、パーツ毎の重なりを隠して人物の線画も完成です。

色分け

背景から色分けしていきます。
バケツツールで塗った後、ベタ塗りペンで隙間を埋めていきます。

次に人物に入りますが、背景とのバランスを見て布がおかしく感じたので、一部線画を修正しました。
おかしなところを見つけたらその都度修正していきます。

人物も同じように、バケツツールとべた塗りペンを使って塗り分けていきます。
レイヤーもパーツごとに分けています。

背景の塗り

油彩平筆を使って大まかに花を描いていきます。

ある程度描いたら花のレイヤーをコピーして、木の奥の花として配置しました。
奥の花は空気遠近法を使い遠くに見えるようにします。
空の色をスポイトで取ってエアブラシで薄く空の色を乗せました。

木の枝を描いて、こちらも奥の方は空の色をエアブラシで薄く載せます。

近くに見える花だけ少し整えます。
先ほど使ったピンクより明るい色で油彩ブラシを使って花びらを大まかに描画しました。

この絵の中で一番遠く、注目してほしい場所でもないのであまり描きこまないよう気を付けます。
細かく描きこむほど注目されやすくなるので、そういったことも考慮して 全体のバランスをよく見ながら描いていくといいと思います。

空にもグラデーションをかけました。

光源に注意しながら、赤い床の部分に花びらと影を描画しました。

雪洞を描いていきます。
下描きの模様を確認しながら、まずは真ん中部分だけ描画します。
上と、下それぞれ自由変形とメッシュ変形、左右反転などを使い形を整えて左右にも配置しました。

雪洞の光は参考画像からスポイトで色を取り塗っていきます。
オレンジ色で全体を塗ったあと、上に加算(発光)のレイヤーを作成し中央下部に強い光を描画します。

参考画像は屋内のものだったため、光が強すぎるので不透明度を下げて光具合を調節しました。
また、雪洞全体に影とハイライトを描画して立体感をだします。

その際、SAI風水彩ブラシを使用しています。

※SAI風水彩ブラシ
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1484849

こちらをさらに自分好みにカスタマイズして使用しています。

屏風などの金色の部分に影やハイライトを描画します。
金は反射しやすいので、近くのパーツの色や空の色も少し混ぜつつ塗りました。
最後にテクスチャ「玉杢」をオーバーレイで乗せて不透明度で濃さを調節します。

屏風の線画の色も変更します。
このように場合によって線画の色を変更すると立体感がでます。

床に雪洞の影を描画しました。
畳にも同様に雪洞の影と人物の影を描きます。

畳を描いていきます。
新規レイヤーを畳レイヤーにクリッピングして、下描きに使用したパース定規をドラッグ&ドロップで持ってきます。
SAI風水彩ブラシで、まず畳に沿って影を描画。
次にブラシの色を透明にし、光が当たっている部分を消すことで畳の凹凸を表現していきます。

先ほど使用したものより少し濃い色でランダムに濃い影を配置しました。

次に畳の装飾部分の模様を描画していくのですが、まず正方形のキャンバスを新たに用意しました。
そこに描画したい模様を描き、全体を選択→コピーで該当するレイヤーの上に貼り付けます。
拡大縮小と自由変形を使い大きさと形を調節し、色を白に変更してクリッピングします。

ほかの模様も同じように編集し、貼り付けて完成です。

影を乗算レイヤーで、ハイライトをスクリーンレイヤーに描画します。

背景の塗りが完了しました。

肌の塗り

人物の塗りは主にSAI風水彩ブラシで塗っていきます。

・1影(うすい影)、2影(濃い影)
・乗算レイヤーで頬と唇とアイライン
・ハイライト

をそれぞれ新規ラスターレイヤーを作成してクリッピングし描画しました。

手は影を顔と同様に塗った後、レースの手袋を描画します。
網レースの素材を手の部分にだけ乗せ、 さらにその上に新規レイヤーを作成し、塗りつぶしペンで花を描いていきます。

最後に手の部分のみ線画の色を白に変更しました。

目の塗り

髪レイヤーの上に新規ラスターレイヤーを作成し、眉とまつ毛を塗ります。
次に線画の上からハイライトも追加しました。

ベースを塗ります。

目の上部にはオーバレイでオレンジ色の光を描きこみます。
目の下部にはスクリーンで水色の光を入れました。
最後にハイライトを描きます。

服の塗り

袴の下塗りレイヤーの上に乗算レイヤーをクリッピングして影を塗りました。

白い着物の衿部分に刺繍を描いていきます。
事前に描いておいた下描きを表示して、一か所のみ描画します。

※ぬいぐるみ刺繍ブラシ
https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1696583

描いた刺繍をすべての衿部分に配置して、拡大縮小とメッシュ変形を使い形を整えました。

他の部分の模様も描き入れていきます。
袖口には刺繍ブラシで赤いリボン模様。
裾にはグラデーションを入れ、スパッタリングブラシでラメを表現しました。

ラメの部分は、明るい黄色で描画しレイヤーをコピーします。
元レイヤーを[加算(発光)レイヤーに変更]→[ガウスぼかし]で少しぼかします。
コピーしたレイヤーを白色に変更すると光り輝いて見えるようになります。


(上)コピーしたレイヤー(通常/白)
(下)元レイヤー(加算発光/黄)
このようなレイヤー構成になります。

それぞれ影(乗算レイヤー)とハイライトを入れました。
腰から垂れている布(裳)は少し透けているように表現するため、 着物からスポイトで色を取り薄く着色します。

帯にも同様に模様を描きこみ、 影を塗った後、金色に見せたかったため覆い焼き(発光)で発光させました。

扇の塗り

リボンとフリルに影とハイライトを描画した後、 扇部分に桃の花柄を描き入れました。

花の下にはオーロラのような表現を加えます。
SAI風水彩ブラシで波を描いた後ぼかしツールでほどよくぼかし、指先ツールで動きを付けました。

その上から、服の時と同じようにスパッタリングでラメを描画します。

乗算で影を、スクリーンでハイライトを描きます。

髪の塗り

下塗りの色をハイライトの色に変更します。

新規ラスターレイヤーをクリッピングし 表現したい髪の色で、ハイライト部分以外を残しながら大まかに塗ります。

下塗りのレイヤーにグラデーションをかけました。
光の当たりが弱いところを暗くします。

入りと抜きを細くなるようカスタマイズした「濃い水彩」ブラシで髪のツヤを表現します。
描きこむだけではなく、ところどころ色を透明に変えて消したりします。

新規ラスターレイヤーを乗算にし、クリッピングします。
ピンク系の色で濃い影を描きこみました。

濃い影レイヤーの「透明ピクセルをロック」をオンにし髪の下部をエアブラシで青系に変更します。

前景の描画

下描きをもとに、桃の花と枝の線画を描いていきます。

前景のレイヤーすべてをコピーし、一枚に結合します。
元のレイヤーは修正したいときのためにとっておき、非表示にしておきます。

結合したレイヤーを、フィルターからガウスぼかしを選択し30pxほどぼかしをいれます。
これでピントがあっていない表現ができます。

最後にほかの部分の桃の花の色味を変更し、背景の桃の木もガウスぼかし(10px)でぼかしました。

効果

背景・人物・前景のフォルダにそれぞれ新規レイヤーをクリッピングし、オーバレイ効果に変更します。

雪洞の光が当たっている部分にはオレンジ系の色を。
影になっている部分には青〜水色系の色をエアブラシで入れました。

髪におくれ毛を追加します。
周辺の色をスポイトで取りながらGペンブラシで描きました。

完成

最後に全体のバランスを見て、畳の装飾部分や人物のオーバーレイ効果を薄めたり、調節を行いました。
これにてイラストは完成です。

完成イラストを見る



作品との一体感を保ちながらダイナミックに制作できるWacom Cintiq Pro 24は世界トップクラスの色精度とペンの追従性を実現するプレミアムな4K対応の液晶ペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る