Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第22回/桜みさき

第22回は、桜みさきさんの登場です!
OekakiBBSを使ったイラスト作成過程を紹介します。

桜みさき

イラストレーター。
携帯サイト週刊コナミ連載「クイズマジックアカデミーめざせ!大賢者!」、その他アンソロジーコミックなどで活躍中。

ウェブサイト

http://los.holy.jp/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1:ラフを描く

適当な色を選び、鉛筆ツールでアタリをとりながらラフを描きます。
今回は「左右対称ポーズの双子」をテーマにして描くことにします。

2:線画を描く

ラフのレイヤーの不透明度を下げ、新規レイヤーを作り、左のキャラクターの線画を描いていきます。

3:線画を反転コピーする

左のキャラクターの線画が終わったら、そのまま右のキャラクターを描く所なのですが、今回は左右対称ポーズなので、左右反転ツールで線画をコピーします。

  1. 左キャラクターを描いたレイヤーをコピーします。

  2. パーツの違う部分を消しゴムで消し、鉛筆で描き変えます。

  3. 左右反転ツールでキャンパス全体を範囲指定し、左右反転させます。

  4. キャラクターが右に来るので、かぶる線画部分を消して、線画同士のレイヤーを結合します。


4:背景の線画を描く

次は背景を入れます。新規レイヤーを作り、背景の線画を描きます。

キャラクターに線が重なってしまっても気にせず描いて、かぶった部分は消しゴムで消していくと楽です。
描き上げたあと、線画同士のレイヤーを結合します。

5:下塗り

着色作業に入ります。
新規レイヤーを作成し、塗りつぶしツールのオプション「全てのレイヤー」をオンにします。
これにより、線画レイヤーでなくても、すべてのレイヤーを対象にして線の範囲内を塗りつぶすことができます。

塗りつぶしきれない細かい部分は、1ピクセルの鉛筆を使って塗ります。
さらに新規レイヤーを作成し、背景も同様の手順で塗りつぶしていきます。

6:下塗りの完成

ひととおり、塗り終わったところです。

7:背景の色合いを変える

キャラクターが背景の中に沈んでしまっているので、キャラクターを少し目立たたせるように背景の色合いを変え、立体感を出します。

  1. 背景とキャラクターの間に新規レイヤーを作成し、塗りつぶしツールのオプション「全てのレイヤー」をオフにして全体を塗りつぶします。

  2. 塗りつぶしたレイヤーのモードをスクリーンにして、不透明度を適度に調整します。

  3. 背景の色レイヤーとスクリーンレイヤーを結合します。


8:背景の色合いを変える

これで奥行きが出て、キャラクターが前面に出てくる感じになりました。

9:キャラクターに影を入れる

次に、キャラクターの影を塗ります。

  1. キャラクターの色を塗ったレイヤーをコピーして、上にあるレイヤーの透明部分の保護をオンにします。

  2. キャラクターだけ真っ白になるように塗りつぶし、レイヤーモードを乗算にします。

  3. 薄めの色を選択し、その1色だけで影部分を塗っていきます。


10:キャラクターに影を入れる-2

向かって左のキャラクターの影が塗り終わりました。同じように右のキャラクターにも影を入れます。

11:ハイライトを入れる

次は、キャラクターのハイライト(明るく光っている場所)を入れる作業です。

  1. 影レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、モードをスクリーン(不透明度50程度)にします。

  2. 明るい色を選択し、ハイライト部分を塗っていきます。

12:背景を塗る

キャラクターの作業と同様に、乗算レイヤーを使って背景を塗っていきます。

13:模様を描く

真ん中部分がさびしいので、キャラクターたちが落書きをしたように、模様を直接描きます。

選択範囲ツールでキャンバス部分を選択します。
少し太めの鉛筆ツールで、毛筆とスクールペンのタッチを表現します。
毛筆を表現した端の部分に、少し薄くした色を付け足すと、毛筆で描かれたような「にじみ」を表現できます。

14:仕上げ~完成!

最後に、仕上げ作業を行います。
線画の上に新規レイヤーを作り、目のハイライトや白エフェクト(効果)、オレンジと黒のインク汚れを描き足します。


細かい調整が終わったら、全てのレイヤーを統合して完成です!

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る