Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第117回/柚希きひろ

タカラトミーWIXOSS×ワコム
特別コラボ企画!

イラストテクニック116~123回は人気イラストレーターが描く本格TCG、WIXOSSのイラストテクニックを特別披露!!!
イラストはすべて、2016年8月4日発売のWX-14 ウィクロスTCG ブースターパック
サクシードセレクター』より。

WIXOSS-ウィクロス-の最新情報はこちらから!

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

コンセプトは「ヤシの木の擬人化」なので南国らしく踊り子にしました。
衣装はバリダンスを参考に、そこから露出を上げたものにしています。

枠外に出てほしい画面下部の花を、面積広めに配置します。

背景

全体の色味の印象を左右するので、背景から描きはじめます。

雲を描き入れ、色味の調整をしました。

線画

キャラクターの線画はいくつかのパーツごとにレイヤーを分けます。
線の色はレイヤーが選択しやすく、修正しやすいので、レイヤーごとに違う色を使っています。

ベース色を入れる

キャラクターをベースとなる色で塗りつぶします。
肌、髪などおおまかな色ごとにレイヤーを分けています。
手に持っている飾りは、透けた感じを出したかったので、レイヤーの不透明度を下げています。

花の彩色

手前の花を描きます。
遠近感をだすため、2層に分けてぼかし方を変えます。

キャラクターの彩色

キャラクターに影を入れます。
パーツごとの1つのレイヤーをそれぞれきちんと完成させながら描くのではなく、影をいれる→ハイライトを入れる→調整、と全体の様子を見ながら何周かします。


ハイライトを入れます。
また、大体の画面の印象が決まったので、背景・手前の花の見え方も調整します。

装飾部分を描く

金属の装飾部分を描きます。
金属の反射している面はかなり明るく、背景との差がわかりやすいので、画面に面白みが出たと思います。

エフェクトの追加

花を散らせ、エフェクトも追加しました。

有機的な絵にしたかったので、光などのエフェクトは少なめにしました。
画面に遠近感がでるよう花びらのぼかし・色味などに気を配ります。

調整

最終的な調整で、色味、顔のパーツなども少しいじりました。
手前の花は明るく調整していましたが、人物を引き立たせるため、元の色味に戻しています。
最後の調整はいくつかのパターンで保存し、どちらがいいか見比べながら、完成形を決定します。

完成イラストを見る

Cintiq 13HDはフルHD(1920×1080ドット)対応、1677万色IPS液晶を搭載したコンパクトな13.3型液晶ペンタブレットです。4つのエクスプレスキー(ファンクションキー)、リングキー、ホームボタンで作業効率もサポート。交換用ペン先とカラーリングを一緒に収納できるコンパクトなプロペン用ペンケースが付属した持ち運びにも便利なモデルです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る