Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

ペンタブレット活用ガイド Vol.07|自慢のペット写真を油絵風絵画に変身させよう

使用アプリケーション:Corel Painter Essentials 難易度:★★☆
完成イメージ

油絵を描くには、技術はもちろんのこと、多くの道具も必要です。そんな大変な油絵も、ペンタブレットとPainter Essentialsがあれば簡単。写真を使って、まるで本物の筆や絵の具を使っているかのような、本格的な油絵タッチの絵画が楽しめます。

※サンプルファイルはRIF形式のデータです。Painter、Painter Essentialsなどで使用できます。

  • 印刷用PDFダウンロード
  • サンプルダウンロード

STEP 01:元にする写真を読み込む

Corel Painter Essentials 4を起動し、Welcomeページの「フォトペイントを始める」①をクリックします。「ソース画像を開く」②ウィンドウで、使いたい写真③を選び、「開く」をクリックしましょう。すると写真が読み込まれ、「フォトペイント」タブ④の「ソース画像」パレットに表示されます。「トレーシングペーパー」⑤にチェックを入れると、キャンバスに元の画像がうっすらと表示されます。これで読み込み完了です。

STEP 02:ブレンドブラシを設定する

画面左の「ブラシツール」①の引き出しを開き、「ブレンド」カテゴリー②の「ブレンドブラシ」③を選択します。ブレンドブラシは、水やオイルで絵の具を伸ばしたり、色を混ぜたりする感覚でペイントできるブラシです。プロパティバー④で、ブラシサイズや不透明度などを設定します。

STEP 03:写真をなぞって描画する

ブレンドブラシで写真をなぞると、写真の色を拾って彩色されていきます。初めは大きめのブラシで大まかになぞり、細かな部分はブラシを小さくして塗り込んでいきましょう。猫は毛並みに沿って、背景の緑は丸を描くように、筆圧を効かせて濃さに変化をつけるのがコツです。
「トレーシングペーパー」のチェックをはずす①と元の写真がはずせます。実際にどのように彩色されているか確認しながら塗り進めていきましょう。

STEP 04:手書きのサインを入れて完成

絵が完成したら、STEP3の要領で元の写真をはずし、手書きのサインを入れましょう。絵の上にそのまま書くと、下の色とまざりあってしまうので、サインは新しいレイヤーに書いていきます。「描画とペイント」タブの「レイヤー」パレット①を開き、「新規レイヤー」ボタン②をクリックすると、新しく「レイヤー1」が作成されます。「レイヤー1」にお好みのブラシを使ってサインを書きこめば、油絵風絵画の完成です。

FINISH!
の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る