Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第48回/胡蝶

第48回は、胡蝶さんの登場です!
PainterIX.5、PhotoshopCS3、SAIを使ったイラスト作成過程を紹介します。

胡蝶

イラストレーター。
書籍のイラストなどで活躍中。

ウェブサイト

http://totenkreuz.net/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1:ラフのスキャン

コピー用紙にシャープペンシルで描いた下書きをスキャナーで取り込み、Photoshopで開きます。
下書きが複数ある場合などは、[レイヤー][新規][グループ]でグループを作成してひとつのグループにまとめます。

[色相・彩度]などを使って下書きの色を変えたら、PSD形式で保存します。

2:線画の作成

保存したPSDファイルをSAIで開きます。なめらかな線が描けるので、清書はSAIで行います。

下書きグループの上に新しくレイヤーセットを作ります。作ったレイヤーセットの中にペン入れレイヤーを新規作成し、清書していきます。

レイヤーセットは体の部分ごと(顔・体など)、ペン入れレイヤーはパーツごと(目・輪郭など)に作っていくとはみ出しを気にせず作業できます。

下書きでバランスが悪かったり、描き込みが足りなかった部分は、通常レイヤーを作成し、描き足していきます。

3:線画の完成

パーツごとにレイヤーを分け、はみ出しは気にせず作業を続けていきます。
ひととおり清書が終わったらPSD形式で保存してPhotoshopへ戻ります。

4:線画の修正

Photoshopでファイルを開き、線がはみ出している部分を消していきます。消すほうの線画レイヤーの不透明度を下げると分かりやすくなります。

全て消し終えたら背景レイヤーを非表示にして、表示レイヤーを結合します([レイヤー][表示レイヤーの統合])。

線画を茶系の色に調整し、線画レイヤーを乗算にします。

5:パーツごとに塗り分け

線画レイヤーの下に新しくグループを作成します。
着色しやすいように、アルファチャンネルを作るための、塗り分けレイヤーを作成していきます。

自動選択ツールで大まかに選択し、塗りつぶします。
細かいところはブラシツールで修正します。
パーツごとに色を分けたり、背景色を濃い色にするなどして、隙間ができないように塗っていきます。

6:アルファチャンネルの作成

アルファチャンネル(選択範囲)を作成していきます。

[選択範囲][選択範囲を読み込む]、で選択範囲を読み込み、
[選択範囲][選択範囲を保存]でチャンネルとして保存します。

全て保存したらPSD形式で保存します。着色はPainterを使用していきます。

7:肌の着色-1

Painterを起動し、PSDファイルを開きます。

肌から着色していきます。[デジタル水彩]バリアントの[新シンプル水彩]などを使用します。
薄く肌を塗ったら、[レイヤー][デジタル水彩乾燥]、で着色部分を乾燥します。アナログの水彩絵の具と一緒で、乾燥することにより下の色を生かしつつ重ねて着色することができます。

8:肌の着色-2

一段濃い色や類似色を使って塗り重ねていきます。
最後に頬や肩に赤みをさしたら、乾燥して、[選択範囲][選択範囲の読み込み]や、消しゴムツールを使用して、はみ出しを消していきます。

9:下塗り

肌以外の部分を塗っていきます。

まず大体のイメージを決めるため、大まかに色を置いていきます。髪の毛や大きなパーツを中心に色を置いていくとイメージが固まりやすいです。

逆に小さなパーツは塗っていく途中で変更する可能性があるので、色に悩む場合は無理に色を置きません。

10:瞳の着色

瞳を塗ります。
黒系の色をベースに、紫などをさしつつ着色を進めます。
最後にハイライトを入れて瞳の完成です。

11:髪・服の着色-1

先ほど大まかに色を置いたパーツから彩色していきます。
ベースの色より濃い目の色を置き、深みを出していきます。

12:髪・服の着色-2

どんどん塗りこんでいきます。今まで置いた色の、類似色や補色(反対色)を選び、塗り重ねていきます。以降はこの繰り返しで着色していきます。

また、今回は使用しませんでしたが、テクスチャを適用することにより、よりアナログ的な着色ができます。

13:着色の完了

一通り着色が終わりました。
最後に全体を見て、大きな塗り残しが無いことを確認したら、PSD形式で保存してPhotoshopに戻ります。

14:仕上げ

デジタル水彩で着色したレイヤーのモードを乗算に変更します。
Painterで塗り残した部分をブラシツールを使って塗り足していきます。

15:完成

キャラクターの下に、あらかじめ用意しておいた背景を入れ、
白色のブラシツールで、ハイライトを点々と飛ばしたら完成です。

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る