Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第76回/ポリポリ

第76回は、ポリポリさんの登場です!
ペイントツールSAIを使ったイラスト作成過程を紹介します。

ポリポリ

エイリアン風の生き物と少年・少女を組み合わせた世界観を得意とするイラストレーター。最近の仕事に「イラスト上達マガジン touch Vol.8」のメイキング執筆等。

ウェブサイト

http://popocox.web.fc2.com/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1:ラフ

SAIで新規ファイルを作成し、ラフから直接ペンタブレットで描いていきます。

今回はクレーンゲームをイメージしたイラストにしました。
全体のイメージを固めるため、ラフの時に簡単に色をのせます。

2:線画

ラフの上に新規レイヤーを重ね、筆ツールを使い線画を描いていきます。

画面が柔らかい印象になるように、線の色は黒ではなく、茶系の色を使っています。

遠近感が出るように、手前の物は太い線で、遠くにあるものは細い線で描くようにします。

3:下塗り

パーツごとに色を置いていきます。
薄い色が好きでよく使っています。

カラフルにしたかったので、今回は、明るい色調の様々な色を使ってみました。
今回は特に決めなかったのですが、テーマとなる色を決めておくと、カラフルでも統一感のある画面になります。

4:下塗り2

画面に統一感を持たせ、同時に透明感を出すために、エアブラシで所々に薄く肌色などをのせます。
これを何度か塗り重ねます。

5:目

筆ツールでパーツごとに彩色していきます。
彩色レイヤーの画材効果に[水彩境界]を指定しています。

図のように目を塗っていきます。
下の方に肌の色を乗せて、絵に馴染ませます。

モンスターたちの目も同じように塗ります。
人物と比べて瞳孔を小さく濃く描くようにすると、より怪物っぽさが出ると思います。

6:人物彩色

ほっぺと膝を少し赤く塗ります。
アイラインも赤く塗ると女の子はかわいくなると思います。

7:ハイライト

影を入れる前に、スカートの光が当たる部分など、明るくなる部分に不透明度10%くらいで白色をのせます。

8:影1

薄い影を入れていきます。

影は濃い色だけではなく、白っぽい色などを使うと画面に変化が出せます。
このイラストでは髪の毛の影に白っぽい色を置いてみました。

9:影2

光源を考えながら、服にもう一段濃い影を塗ります。

今回は画面の中央上あたりに光源を設定しています。

10:モンスターや小物の彩色

モンスターや小物も、人物を塗るときと同じように塗っていきます。

11:手前のガラスを塗る

手前のガラスの質感を出すために、線画レイヤーの上から白色等をエアブラシでのせて透過させます。

PSD形式で保存します。SAIでの作業はここまでです。

12:仕上げ

photoshop CS5でファイルを開きます。

クレーンゲームの中にピントがあっている感じを出すために、
[フィルター][ぼかし][ガウス]
手前にあるレバーだけを選択し、強いぼかしをかけます。

最後に画像を統合して、柔らかい印象にするため、全体に薄くガウスぼかしをかけたら完成です。

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る