Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~
  • Bamboo Blog
  • 写真に絵を描く!フォト・ドローイングのススメ

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第99回/もりや あこ

第99回は、もりや あこさんの登場です!
ペイントツールSAIを使ったイラスト作成過程を紹介します。

もりや あこ

イラストレーター。ソーシャルゲーム等でイラスト制作を行っています。

ウェブサイト

http://landscape-ako.jp/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

1:ラフ〜線画

描きたいモチーフやイメージを絞り、ラフを作成します。
今回は、クリスマスのイメージと、雪原に寝そべってる狐っ子をモチーフに描くことにしました。

ラフレイヤーの不透明度を落とし、上に新規レイヤーを作成し線画を描きます。
ある程度パーツごとにレイヤーを分けて描いておくと、あとから修正や色の調整をしやすくなります。

バランスを確認しながら作業するため、[ビュー][新規ビュー]で新規ビューを開き、
[ビュー][左右反転]で反転表示したものを常に表示させて作業しています。(拡大画像参照)

ラフから仕上げまで全てSAIのみで描きます。
使っているツールはほとんどこの4つです。→ツール設定

2:背景

イメージをつかむため、先に背景を大雑把に塗ります。
雪の上に寝転がっている絵にしたいので、資料を参考にしつつおおまかに色を置きます。
背景には雪原風のざらざらした質感のテクスチャーを乗せています。

3:下塗り

肌・髪・しっぽ&耳・ワンピースなど、パーツや色ごとにレイヤーをわけて下塗りをします。

4:塗り

パーツごとに影やハイライト、質感を入れていきます。
水彩ツール等を使った際の色の混ざりや変化が楽しいので、レイヤーはあまり重ねず
下塗りレイヤーに直接塗っています。

塗っていて一番楽しい肌から着色します。
1.影色を大雑把に置きます。
2.ベースの色をスポイトで取って影色の形を整えます。
3.濃い影も同じように入れていき、最後に頬の赤みやハイライトを入れます。

肌に限らず基本は全てこの方法で塗っています。

ファーやしっぽなど質感を出したい部分は、まず大きく塗ってから消しゴムやベースの色で削る。という作業を繰り返して表現していきます。
それぞれの質感に合わせて、細かく削ったりポンポンと叩くように削ったりと、タッチに変化をつけるようにしています。

髪はツヤや毛の流れを意識して塗ります。
顔の近くは肌に近い暖色系の色をグラデーションでのせて、さらに透明感を出しています。

服や耳、しっぽも塗り、これでだいたいの色塗りが完了です。

5:髪の毛や耳の毛

線画レイヤーの上に新しいレイヤーを作成して、
髪や耳に細かく散ってる毛を表現します。

6:線画の色味調整

このままでは色と線がなじんでいないので、
肌は赤系の黒、髪は青系のグレー等、線の色を各パーツの色に近い色調へ変更します。

眉と髪の重なりも自然に見せるため、髪が重なっている部分は髪と同じ色で塗り、眉が少し透けている感じにします。

7:背景の仕上げ

ちゃんと地面に体がついているように背景に影を追加したり、色味等を調整します。
キャラが引き立つように四隅も暗くします。

8:光とグラデーション

これで大体終わりなのですが、あともう一手間加えます。
キャラクターの上に新規レイヤーを2枚作成します。
それぞれのレイヤーモードを、オーバーレイとスクリーンにします。

光と影を強調し、色味に変化をつけたい場合は、オーバーレイレイヤーを使い、
明るくしたい箇所に薄い黄色~赤色、暗くしたい部分に暗い青~暗い紫を乗せます。
左がレイヤーモードを通常にして表示した所、右がオーバーレイにした所です。

空気感、遠近感を出したい場合はスクリーンレイヤーを使います。
画面の中心から離れた部分に、背景色に近い青系の色をのせ、色味に変化をつけます。
今回は毛先やスカートの先などに少しだけのせました。
通常モードに戻すと左図のようになります。

オーバーレイ、スクリーンレイヤーのそれぞれの透明度を調整して自然になるようにします。

9:仕上げ

最後に雪と白い息を表現します。
キャラクターにピントが合っているとして、手前にある雪は大きくぼかして、キャラの近くにある雪は小さくくっきり描きます。
これで完成です。

完成イラストを見る

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る