Product
製品から探す

  • Wacom MobileStudio Pro
  • Wacom Cintiq Pro
  • Wacom Intuos Pro
  • Cintiq
  • Intuos
  • Bamboo Smartpads
  • Bamboo Stylus

Category
タイトルタグから探す

  • 製品の選び方
  • 活用ガイド
  • Sculpting with Wacom
  • Drawing with Wacom
  • 本気で絵しりとり
  • イラストテクニック
  • 夢見る♥ペンタブレット!!
  • ~あの作品の制作環境が見たい~

Category
カテゴリから探す

  • イラスト
  • アニメーション
  • マンガ・コミック
  • ゲーム
  • ウェブデザイン
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • ムービー
  • 3DCG
  • フォト
  • コラージュ
  • お絵かき
  • ビジネス
  • ナビゲーション

イラストテクニック第124回/misairu

第124回は、misairuさんの登場です!
SAIとPhotoshopを使ったイラスト作成過程を紹介します。

misairu

イラストレーター。カードイラストなどを制作。「ペンタブレットdeアート投稿コンテスト」ワコム賞を受賞

ウェブサイト

http://misa-iru.tumblr.com/

各項目のサムネイルをクリックすると、制作画面のスクリーンショットか、拡大画像を見ることができます。

ラフ

SAIでラフをざっくりと描きます。

テーマはお月見です。

うさぎの男の子と女の子が満月を見に、こっそり屋根をよじ登る様子を絵本テイストで描いていこうと思います。

あとで大幅に変わることもありますが、ラフの時点で色も置いて完成のイメージを作ります。

建物下描き

ここからはPhotoshopを使用します。

ラフの上に、不透明度80%の白で塗りつぶしたレイヤーを作成し、ラフが薄く表示された状態にします。
こちらを元に屋根のアタリを描きます。


アタリを薄く表示して、屋根や窓のデザインを詳細に下描きしていきます。

このとき、資料などを参考にしつつ、やや下から見上げるイメージで立体を意識して描いていきます。

右斜め下から見上げた構図なので、左側の瓦の裏や、光源になる月の位置を意識して、窓枠の下側と右側の影になる部分を黒くつぶしておくなど、下描きの時点で立体と陰影を描いておきます。


レンガの描き方です

1.まず[直線ツール]などできっちり長方形にレンガの線を引きます。

2.それぞれの長方形の角をつぶします。大きさはバラバラな方がより古びた質感に見えます。

3.上や側面の凹む部分を削ります。


屋根の瓦も大きさや角度が自然に見えるように下描きを描いておきます。

広い方の屋根は、小さい屋根を塗り込んだ後に大きさを決めるので、いったん横列の目安だけ描いておきます。


建物は塗り込みながら整えていくため、線画は作成せず色分けをします。

キャラ線画

キャラの線画にはSAIを使用します。

建物の下描きをしたとき同様、白く塗りつぶしたレイヤーをラフの上に不透明度を下げて作成し、ラフを薄く表示しておきます。

さらにその上に「キャラ」フォルダーを作成し、キャラの下描きと線画を描いていきます。

ブラシはSAIの初期設定の筆を[にじみ&ノイズ]の強さを84に設定して描いていきます。鉛筆のようなやわらかい表現をしたい時によく使用しています。


まず髪の線画を作成します。キャラがかなり小さくなる絵なので、髪の束は細かくなり過ぎないようにしました。

体や服はバランスが心配なので、まず青で体のラインを描き、別のレイヤーに服を着せるように赤で下描きをしてから実際の線画を描きました。


男の子は建物の下描きを薄く表示しながら屋根によじ登っているように見えることを意識しながら描いていきます。


キャラの線画が完成しました。線画は男の子と女の子を別々の線画フォルダに入れておきます。

キャラ塗り分け

SAIの[自動選択ツール][選択ペン]を使用して色分けをしていきます。

線画フォルダを選び[領域検出元に指定]にチェックを入れると領域検出元に選択したフォルダが黄緑色になります。

線画フォルダの下に色フォルダを作成し、新規レイヤーを作成し色分けをしていきます。

[自動選択ツール]を選び、肌部分を選択していきます。SAIは選択範囲が青色に表示されるのでとてもわかりやすいです。


自動選択ツールだけではきれいに範囲選択できないので、[選択ペン]で選択漏れを埋めていきます。肌レイヤーは一番下に配置するため、服や髪の毛部分にはみ出して選択しても大丈夫です。


[バケツツール]に持ち替えて、ラフから肌の色を拾って塗りつぶします。

ここまでの流れを繰り返してパーツごとに塗り分けます。

背景塗り込み

Photoshopに戻り、建物や木を塗り込んでいきます。

ブラシは基本的に
1.[シェイプの効いた丸ブラシ]
2.[シェイプの効いてない丸ブラシ]
3.[チョークブラシ]
の3種類を使用しました。全て初期で入っているブラシです。

「不透明度に筆圧を使用する」ボタンにチェックを入れておくことで、筆圧の強弱でブラシの不透明度が変わります。→スクリーンショット参照


屋根を色分けしたレイヤーのサムネイルを「Ctrl」を押しながらクリックすると、塗った部分の選択範囲が表示されます。


下描きレイヤーと色分けレイヤーの間にラフのコピーを追加し、屋根を選択範囲の形に塗り足していきます。

選択範囲の外側に屋根の色がはみ出ている所は、[選択範囲][選択範囲の反転]で選択範囲を反転させ、周りの色を拾って屋根の形を整えていきます。


出窓も同様の工程でラフの上から形を整え、描き込んでいきます。

窓に大まかに光と影を意識して色を置きます


煙突は月明かりを意識して上と左側に明るい色を置いて立体的に塗っていきます。


建物と空を別レイヤーに分割します。

屋根が選択されている状態で[選択範囲を反転]し、ラフのコピーから空部分を[Ctrl+X]で切り取り、[Shift+Ctrl+V]で切り取った空部分を、ラフのコピーの下にペーストして[空加筆]レイヤーを作成します。

続いて奥の木を描いていきます。[ラフのコピー][空加筆]の間に新規で[木]レイヤーを作成します。

葉っぱブラシを作成します。500×500pixel程度の新規キャンパスを作成し、葉っぱを描きます。

[編集][ブラシを定義]でブラシを作成します。ブラシの詳細設定で、サイズのジッターと角度のジッターを20%に設定し、大きさと角度がまばらになるようにしました。

気に入った設定が出来たら[新規ブラシプリセット]をクリックして登録しておくと便利です。


木レイヤーに、作成した葉っぱブラシで葉を描いていきます。

手前の葉が描けたら、下に新規レイヤーを追加し、更に奥の木をブラシサイズを小さくして描きます。


木レイヤーの[透明ピクセルをロック]にチェックを入れ、少し明るい緑を、光が当たっている箇所に薄っすら置いていきます。
このときはブラシの[不透明度に筆圧を使用する]にチェックを入れて塗るようにします。


全体に色が置けたら明るい葉を1枚1枚加筆します。

描き込み

[下描き]レイヤーの上に[加筆]レイヤーを作成し、ラフの色を拾いながら全体を描き込んでいきます。


出窓の壁部分を、下描きの線を潰すように色を拾って整えていきます。

窓枠も同様の手順で描き込んでいき、フチがぼやけたら黒で線画を足して形をハッキリさせます。


手前の建物の木目を描込みます。

まず木より暗い色で細い木目の線を描きます。
次に引いた線が横線の場合は下側、縦線なら右側に、木より明るい色で線を足します。
こうすることで古びて木目に溝が出来ているように見えます。


手前の屋根の瓦を描きました。
屋根が少しゆがんで見えたので当たりを引き、一番左側の線からはみ出ないよう描きます。


 

窓ガラスを描きます。
新規レイヤーを作成しガラスになる部分に白っぽい色を塗り、不透明度を40%にします。消しゴムツールに切り替えて窓の中央のあたりを薄くします。

窓の反射を描き、また中央を消しゴムで薄くします。


広い屋根を描き込みます。瓦のアタリを作成し、屋根の傾きにそって変形させます。

アタリを元に瓦の形を描いていきます。


瓦は枚数が多く、画面を占める面積も広いため、あまり詳細に描き込んでしまうとキャラクターに目が行きずらくなってしまいます。
なので、キャラクターが埋もれてしまわない程度に描いていきます。

ベースになる色を置き、瓦の端からグラデーションになるように明るい色を塗ります。

光が強く当たっている中央部分を意識的に描き込みます。

光が当たる部分は面と側面の境目に強めにハイライトを入れます。


女の子を少し小さく調整し、男の子との遠近感を出します。

空は月と星と空をそれぞれ別のレイヤーに分けます。

正円の選択範囲を作成し、塗りラフから月部分をコピー&ペーストして月レイヤーを作成します。


レイヤーマスクで周りを削り、おぼろげな月にします。月レイヤーを複製しレイヤーモードを[焼き込み(リニア)]にして月のコントラストを強くします。


星レイヤーを作成し、不透明度のチェックを外したブラシで大きさの異なる白い点をいくつか描きます。


星が光っている効果を出すため、星レイヤーを複製し、[ぼかし(ガウス)]でぼかします。
ぼかしが薄かったのでレイヤーを3つほど複製して結合しました。


新規レイヤーを追加して色を乗せ、星をぼかしたレイヤーにクリッピングして星に色味をつけます。


月がぼけ過ぎて目立っている気がしたので、レイヤーマスクを非表示にして輪郭をはっきりしたものに戻し、レイヤースタイルの[光彩(外側)]を付けてぼんやり光らせました。


空のもやもエアブラシでぼかしなおし、すっきりと晴れた空にしました。

キャラ着色

キャラクターを塗っていきます。

大まかに影になる部分にグラデーションを入れ、そのあとに細かな影をつけます。


ラフから色を拾いハイライトを付けます。


同様の手順で髪や服も塗っていきます。

男の子の髪の毛は線画で描かれていない束も描くことを意識して塗っています。

パジャマのストライプ模様は体のラインと服のしわを意識して描きます。


キャラフォルダの上に新規レイヤーを作成し、[覆い焼き(リニア加算)]モードにしてキャラにハイライトを追加してキャラの着色は完成です。

効果

フリー素材のテクスチャを貼り、紙の質感や色味を追加します。


カラーバランスで青みを追加します。


この時点のイラストをJPEG画像として保存し、レイヤーの一番上に貼り付け、[ぼかし(ガウス)]をかけてぼかします。レイヤーモードは[カラー比較(暗)]にします。


レイヤーマスクを追加し、赤色の部分にマスクをかけて手前がピンボケしているような効果をかけました。

以上でイラストの完成です。

完成イラストを見る

Intuos Proはプロの現場で認められるペン機能と直感的なマルチタッチ機能を兼ね備えたプロフェッショナルペンタブレットです。各種ソフトウェアに対応し、豊かで繊細な絵筆タッチを実現。正確に、思い通りの操作が可能です。クリエイターの高度な表現力と創作をサポート、環境に合わせて使える3つのモデルのペンタブレットです。

製品詳細をみる

の検索結果 : 0件のページが見つかりました。
もっと見る